ウェブ集客もモバイルフレンドリーの時代へ

スマホ見るカップル
あなたのサイトはモバイルフレンドリーですか?

というお話です。

集まるウェブログ集客の専門家
原田和彦(はらたかずひこ)です。

あっちをみてもこっちをみてもみんなスマホを覗いてる。子どもに「外でニンテンドー3DSをやるんでない!」と言う前に大人が「どこでもスマホをイジる」を辞めなきゃなんら説得力はありません(自責の念を込めて)。

スッと取り出してサッと検索できる。このスッ・サッが便利過ぎます。若い人達の常識。正しい使い方を早くから教育しなくてはならないと思います。そして使わない時間も意図的に作らなきゃいけないなーとも思う今日このごろです。

そんなスマホですが、ついにウェブ集客の受け皿となるウェブサイト・ブログ・ランディングページ・ソーシャルメディアなどにもスマホ対応必須の波が押し寄せて参りました。今日のブログテーマはモバイルフレンドリーについてです。題して「ウェブ集客もモバイルフレンドリーの時代へ」です。

それではどうぞ。

スポンサーリンク

lp1_480_60

モバイルフレンドリーアップデートがはじまった

2015年4月21日(火)、グーグル公式ブログでは以下エントリーが。

モバイルフレンドリーgoogle

Google ウェブマスター向け公式ブログでも宣言

影響範囲・対象はまとめると以下の3点です。

  • 携帯端末での検索の掲載順位にのみ影響する
  • 世界中のすべての言語で検索結果に影響する
  • ウェブサイト全体ではなく、個々のページが対象となる

つまりは世界標準のアップデート。世界中のウェブ集客の受け皿(ウェブサイト・ブログ・ランディングページ・ソーシャルメディアなど)は今後、モバイルフレンドリーを意識した作りが必須となります。

ちなみにあなたのサイトがモバイルフレンドリーかどうか調べるためにはグーグルのサービスを利用すれば一発で確認できます。

モバイルフレンドリーテスト

Googleから提供されているモバイルフレンドリーテストのサイト

このモバイルフレンドリー(スマホ対応)については、スマホでグーグル検索をした時のみに適用されるものです。ヤフー検索では適用されません。以下をご覧ください。

スマホ検索結果の様子

左側のグーグル検索では「スマホ対応」という表記が

左側の青枠がスマホによるグーグルの検索結果。右側の赤枠がスマホによるヤフーの検索結果となります。この「スマホ対応」という文字がモバイルフレンドリーの証拠。

ウェブ集客の一歩(ブログ)にもその波は押し寄せている

たとえば当ブログのアクセスのうちの(57.88%)がスマホです。

モバイルの割合

スマホとタブレットで(62.36%)もの割合!

企業間取引(BtoB)ウェブサイトのアクセスの割合はもうすこしPC寄りですが、間違いなくこのバランスはスマホ寄りに変化していくでしょう。

そういえば一昔前。SEOのできる人はちょっと特別な存在でした。でも今やSEOはできて当たり前の時代です。グーグルのガイドライン(検索エンジン最適化スターターガイド)※クリックするとPDFが開きますと(手前味噌ながら)以下のエントリーを参考にすればSEOの基本はバッチリ。

SEO内部対策で私がはじめにチェックしている10のポイント
私がウェブサイトを制作する時に、内部対策としてはじめにチェックしている10のポイントをご紹介します。このポイントを見てもらうだけで必要最...
SEO内部対策18手(タイトル・ディスクリプション・キーワード)
SEOとはサーチ・エンジン・オプティマイゼーションの略称です。日本語に訳すと検索エンジン最適化です。もう少し噛み砕いてお話するとYaho...
SEO内部対策25手(見出し・箇条書き・強調・画像・リンク)
以前、SEO内部対策(タイトルタグ、メタ・ディスクリプション、メタ・キーワード)について触れました。 今回はその続編として、見出し...
SEO外部対策で私がはじめにチェックしている8のポイント
前回に引き続き、私がウェブサイトを制作する時に、外部対策としてはじめにチェックしている8のポイントをご紹介します。前回の内部対策と外部対...
必読!SEOキーワードをザクザク発掘するための質問12選。
ウェブサイト・ブログの訪問者、お問い合わせが少ない!とお悩みの方には必読のコンテンツ。悩みの原因は様々だと思いますが、そのほとんどの要因...

同じように、スマホ対応(レスポンシブウェブデザイン)のできる製作業者はちょっと特別な存在でした。でもこれからはスマホ対応(レスポンシブウェブデザイン)も当たり前のようにできなきゃ時代の波に乗っていけないでしょう。

あなたのサイトはモバイルフレンドリーですか?

それとも・・・?

ぜひこのエントリーをきっかけに「スマホ対応」のセルフチェックをしてみてくださいね。

モバイルフレンドリーテスト

Googleから提供されているモバイルフレンドリーテストのサイト

それでは本日もマーケティングを楽しんで参りましょう!

スポンサーリンク