愚直に続ける…今日はただそれだけでも良しとする

情けない日もあるさ
情けない日もあるさ

というお話です。

湘南平塚で唯一!
集客にコミットするウェブ集客の専門家
原田和彦(はらたかずひこ)です。

日曜日の夜です。皆さん、いかがお過ごしですか?わたしはさきほど息子の寝かしつけ(本の読み聞かせ)を妻にバトンタッチし、5分うたた寝(!)の後、ブログを書き始めました。

ちょっとネタが降りてこない。知識の点と点が線となりつながって面にならない。まぁ毎日書いてるとそんな日もあるんです。でも、書くことにします。題して「愚直に続ける…今日はただそれだけでも良しとする」です。

それではどうぞ。

スポンサーリンク

lp1_480_60

まずは1000記事を目指しているから

「じゃあ今日のエントリーって数合わせじゃーん」

はい!おっしゃるとおりです。

2015年9月13日現在の総エントリー数は400ちょっと。2015年はすでに200エントリーをポストしております。来年中には1000記事を超えたいなーと実は野望を抱いているんですよ。

1000記事を超えたからといって1001記事目からバズることはないと思います。ほら、プロブロガーさんも言ってるでしょ。年間1000記事なんて当たり前ですって。本数が命。つまりは圧倒的な行動量です。質より量が入口。そして量は質に転換するそうです。

毎日読んでくれる人はいないから

心の中では居て欲しいと切に願ってるんですよ。でも現実問題、365日このブログを読んでる人ってわたしだけだと思う(笑)。だからこそ、毎日エントリーをポストし、ソーシャルメディアと連動し、グーグルにインデックスしてもらうのです。

わたしのブログのコンテンツに興味をもってくれる人と今日出会えるかもしれない。その出会いは一年後かもしれない。否、三年後かもしれないぞ。そんな想いを胸に、その確率を愚直に高めていくためにタイピングを休むことはありません。

それとね、

わたしは「毎日ブログを書かない人」「そもそもブログを書いていない人」「なにもしていない人」にはなりたくないのです。

こんな醜態もログとして残しておくと…

共感してくれる人が1人〜2人くらいはいるかもしれない。そんな淡い期待をもちながらネタがなくても書く。

行動する。愚直に。たまには、今日はこれくらいだけでも良しとする。

日曜日のミッドナイト。あなたに伝えたかった内容はそんなところです。最後まで読んでくれてありがとうございました!

それでは明日からもマーケティングを楽しんで参りましょう!


ウェブ集客について誰もが知っておくべき43の秘密

スポンサーリンク

lp1_480_60

ウェブ集客の一歩の購読はFacebookページが便利です


フォローする

スポンサーリンク