「なるほどね〜」を提供して購入の後押しをする

pinpon-love
スマッシュを打つ方法

です。

ウェブログ集客のお悩み解決パートナー
原田和彦(はらたかずひこ)です。

先日、近所にあるバッティングセンターに行きました。人生2度目。まともに打てませんでした…(汗)。見るとやるでは大違いっす。ちーす。

battingpalace-webtop

トスバッティングがあったり、卓球台があったりするので小さい子どもにもやさしい体験型のアミューズメント施設です。

繁盛していましたよ。マイバットを持参している人も見かけたし、ホームランランキングなども貼られており、熱いファンがたくさんいる雰囲気がムンムン伝わりました。

で、今日はバッティングセンターのお話・・・

ではなく、、、

バッティングセンターに行った日にスポーツ用品店へ行った時のお話です(ぉぃぉぃ)。題して『「なるほどね〜」を提供して購入の後押しをする』です。

それではどうぞー。

スポンサーリンク

lp1_480_60

リオオリンピック以降、卓球熱が高まっている!?

実のところ、バッティングセンターへ行った目的の半分は卓球をするためだったのですが・・・

スポーツ用品店の「この機を逃すべからず」的な熱を帯びた卓球ブースがありまして。そうです、これは自宅でも楽しめる卓球台です。

takkyu1

競技用じゃないから手に届きやすいお値段でした

これだけで考えると「自宅のテーブルにネット張るだけでいいやん。わざわざ卓球台買う必要なくね?」なーんて突っ込みたくなりますよね。

きっとほとんどの人がそう思うはず。

でも…

その次の瞬間、、、

目に飛び込んできたのが↓これです。

takkyu2

必殺、お客様の声!

「小学生の低学年の子供が遊ぶには、高さもいい感じです」

なるほど…

「わざわざ卓球台を買わなくていいのではないかと思いましたが、実際使うとバウンド具合が本物の卓球台は違いますね。」

なるほどなるほど…

「コンパクトサイズにしましたが十分遊べる大きさで満足しています。毎日孫とピンポンをすることが楽しみです。」

ほー、なるほどね〜。

いざ、商品(サービス)を目の前にした時に浮かぶ「素朴な疑問(うちの子の高さに合うのかしら? わざわざ卓球台、買わなくても良いよね?)」や「漠然とした不安(我が家でも使いこなせるだろうか…)」に対し、実際に購入したお客様の声が答えてくれている。

お客様の声は似た家族構成であったり近しい価値観をもつ新たなお客様を惹き寄せます。お客様の声ってパワフルですよね。

「なるほどね〜」という“納得感”という付加情報の提供は購入を後押ししてくれるセールスパーソンそのものだったりします。

つまり、、、

お客様の声って超重要ってこと。

当たり前過ぎてどーもすみません。

水曜日のお昼休み。あなたにシェアしたかった内容はそんなところです。今日も最後まで読んでくれてありがとうございました!

それではひきつづきマーケティングと運動習慣を楽しんで参りましょう!


ウェブ集客について誰もが知っておくべき43の秘密

スポンサーリンク

lp1_480_60

ウェブ集客の一歩の購読はFacebookページが便利です


フォローする

スポンサーリンク