お客様の本当に欲しいものってなんだろう

なんだろう
期待感とそれを上回る結果を!

というお話です。

集まるブログ集客のプロデューサー
原田和彦(はらたかずひこ)です。

おはようございます。まもなくゴールデンウィークですね。予定はもう決まりましたか?我が家はいつも通り過ごすことにしました。遠出はしません。家族の心身のリフレッシュを最優先としました。

子供が年長となって、彼なりにプレッシャーを感じているのでしょうか。春休み以降、調子がちょっとイマイチなんです。

うちの子だけかしら?と思っていたらそうでもなく、同期のお子さんも体調を崩したり情緒が不安定になっている様子。彼ら彼女らもあたらしい立場、より大きな責任を担ってがんばっているのですね。

ゴールデンウィークはリフレッシュウィークとしました。※お誘いしていただいた方々、ごめんなさいm(_ _)m

さて、シゴトはじめの月曜日はビジネスの心構えについてエントリーしたいと思います。題して「お客様の本当に欲しいものってなんだろう」です。シンプルですが非常に大切な心構えです。だから繰り返しお伝えしております。

それではどうぞ。

スポンサーリンク

lp1_480_60

あなたの商品・サービス、強みなんかはどーでもいい

「(※会社名)です」「弊社は◯◯業です」「我が社の強みは◯◯です」「わたしは◯◯の資格を持っています」「この商品は◯◯の特長があります」「◯◯を1000mg配合!」「当サービスは同業者と比較すると最安値です!」

街にはこのようなメッセージがありとあらゆるところに掲げられています。ビジネスパーソンと交換した名刺にも似たようなメッセージが印字されています。これは100%、売り手視点によるメッセージなんですよね。

決定的にある要素が欠落しているのをあなたはお気づきですか?

それはお客様視点のメッセージです。

売り手視点によるメッセージを発信している限り、お客様に選ばれることは叶いません。その理由は至ってシンプル。でも、ほとんどの人ができていない。

あなたはどんな問題解決(願望実現)をしてくれるの?

お客様は、あなたに対してこんな想いを抱いてます。「あなたはどんな問題解決(願望実現)をしてくれるの?」「本当に効果あるの?」「本当に役に立つの?」「本当に変われるの?」「本当にわたしにもできるの?」「本当に美味しいの?」といった具合にです。

お客様の本当に欲しいものはこの想いに対する回答です。

だから売り手は100%お客様視点に立ってメッセージを組み立てる必要があります。その肝はベネフィット。ベネフィットについては過去エントリーでしっかり作り方をまとめているので参考にしてくださいね。

今日からできる!ベネフィットの基本・ベネフィットの作り方レシピ
マーケッターやセールスコピーライターの常識、商品・サービスに対するベネフィットの基本とその作り方。 ベネフィットをウェブサ...

まとめ

お客様の本当に欲しいものってなんだろう。それは「わたしの問題を解決してくれるかもしれない!」「わたしの願望を実現してくれるかもしれない!」そんな期待感(ベネフィット)を提供してあげることです。

もちろん、最終的には期待感を上回る結果を提供するのは言うまでもありません。月曜日の早朝にあなたに伝えたいなーと思ったことはそんなところです。

それでは本日もマーケティングを楽しんで参りましょう!

スポンサーリンク