Jimdoポータルサイトにウェブサイトが掲載されたよ♪

ジンドゥーガール
お客様の最も欲しい情報は何か?を考えてみる

というお話です。

集まるウェブログ集客の専門家
原田和彦(はらたかずひこ)です。

「お客様と関係性を維持する」。これはとても重要なマーケティング活動のひとつです。直接訪問はもっとも確実な方法です。しかし、時間の制約・人件費といったコスト面で最良とは言えません。

ですからウェブ集客は欠かせません。もっと活用しましょう。24時間365日、あなたに変わってマーケティングやセールスをしてくれるのですから。

今回ご紹介するJimdo(ジンドゥー)のポータルサイトもそのひとつです。そこからウェブ集客のアイディアを借用(スワイプ)してみるのも一興です。題して「Jimdoポータルサイトにウェブサイトが掲載されたよ♪」です。

それではどうぞ。

スポンサーリンク

lp1_480_60

6周年を迎えたJimdo(ジンドゥー)とは?

Jimdo(ジンドゥー)は6周年を迎えたウェブサイトを超簡単、超直感、超クリエイティブに製作できるウェブサービスです。度々当ブログでもご紹介しております。

Jimdoの5周年キャンペーンに当選!利用者としての想いを馳せる
Jimdoの5th 年キャンペーンに応募したら見事当選! スタッフの皆さん、誠にありがとうございます。ということで、今回は...
Jimdoが8月13日にリニューアル、テンプレのデザイン性も向上
ウェブサイトを簡単に作成できるウェブサービス、Jimdo(ジンドゥーと発します)が2014年8月13日にリニューアルするみたいですよ。 ...
JimdoのバックアップをHTTrack Website Copierで取る方法
Jimdo(ジンドゥー)は、ウェブサイトを魔法の ように簡単に作成できるウェブサービスです。 利用する人が増えてきている...
Jimdoからオサレな「Jimdoユーザー事例ブック」が届いたよ
メディア掲載はやっぱりうれしい というお話です。 ウェブログで発信、ヒトに繋がって集客 選ばれ続ける起業家の集...
Jimdo(ジンドゥー)でモバイルフレンドリーテストを確認する方法
Jimdo(ジンドゥー)利用者も一安心 というお話です。 ウェブログで発信、人に繋がって集客 選ばれる社長の集客プ...

Jimdo(ジンドゥー)とは長い付き合いです。ウェブ製作サービスもさることながら運営スタッフの皆さんのマーケティング活動が素晴らしい。WordPressはどちらかというと玄人好み。深い。Jimdo(ジンドゥー)は素人への間口が広い。あえて浅くしている感じ。

優劣を付けるお話ではなくて、Jimdo(ジンドゥー)はきっちりとじぶんのポジションを知っているな〜と。住み分けできてるな〜って思うんです。

Jimdo(ジンドゥー)のポータルサイトをご紹介

そんなJimdo(ジンドゥー)からすてきなポータルサイトの案内が届きましたよ。

jimdoポータル

Jimdoのことを知りたい、Jimdoの使い方を調べたい、Jimdoのプロフェッショナルと出会いたい、Jimdoでやりたいことは、Jimdoユーザーポータルサイトで解決!

こうした提供者と利用者の間を取り持つコンテンツにチカラを入れるところはさすがだと思うのです。これってサービスの「付加価値」になりますよね。

個人的にはルドルフ&アリーナの「Jimdoワンポイント講座」がお気に入り。

jimdoポータル-コンテンツ

うちのウェブサイトも掲載していただきました

ポータルサイト(メディア)に取り上げていただけるなんて・・・ありがとうございます。

jimdoポータル掲載

掲載していただくことによって、わたしはブログを書いています。当ブログの読者であるあなたへ”喜び”を報告したいし、Jimdo(ジンドゥー)をもっと知ってほしいと思うから。

Jimdo(ジンドゥー)ポータルサイトから学べること

それは見込み客・お客様とのコミュニケーションの重要性です。今まさにわたしはJimdo(ジンドゥー)と間接的にコミュニケーションを取っています。「サービスを使ってください!」一辺倒ではダメなことはマーケターのあなたならご理解いただけますよね。

ポータルサイトからはJimdo(ジンドゥー)を使うとこんな未来が待っている、そんな期待感(ベネフィット)を伝えることの大切さを学んだのでした。火曜日の早朝に思ったことはそんなところです。

それでは本日もマーケティングを楽しんで参りましょう!

追伸

ポータルサイトには、よりマーケティング寄りのコンテンツが増えることに期待しています。たとえば『月に◯件問い合わせが増えました!』だとか『ウェブサイト経由での売上は累計◯◯◯万円です!』といった数字情報です。利用者がウェブサイトに期待する着地点のひとつは成果のはずだからです。

Jimdo(ジンドゥー)にはこうしたコンテンツを提供できるとわたしは確信しています。なぜなら、お客様と強い繋がりがあるからです。「成果をより具体的に見えるコンテンツを提供したい」そんな時、当方は喜んでご協力させていただきます。

それ以上の価値を日頃から頂戴していますので。

スポンサーリンク