ホームページのコンテンツ作りに必要な3つの視点

pixta_7339571_M_メルマガバックナンバー

SEOで沢山アクセスを集めても読み手が
コンテンツに対して、退屈、役に立たない、
文章が難解・・・と感じたらブラウザの
タブをすぐに閉じて離脱してしまいます。

離脱を防ぐためには、良いコンテンツを
作ることです。

良いコンテンツは、アクセスの受け皿となり
機能します。そして、成約率を底上げしてくれます。

「コンテンツは王様だ!」という言葉があるくらい
受け皿となるコンテンツは重要な役割を担っています。

コンテンツを王様にするためには、次の3つの
視点をもつことが大切とされています。

スポンサーリンク

lp1_480_60

(1)興味を惹くタイトル

『読み手は、何を欲しているのか?』
『読み手は、何に悩んでいるのか?』

まずは読み手の想いを代弁してあげること。

例えば、ホームページの成約率を上げたい!と
悩んでいる人に対しては

「成約率をあげるために必要な3つの方法」

といったメッセージを伝えると「私の悩みを
解消してくれそう」と興味を抱いてくれます。

これをページのタイトルに設定してあげます。

(2)役に立つ内容

タイトルを決めると、自然とコンテンツの内容が
見えてくるはずです。さきほどの例を引っ張ると、

「成約率をあげるために必要な3つの方法」

だったので、

  • オファー(取引条件)
  • ゴールをひとつにする
  • 文章(コピー)

これらの具体的な方法論を記述していきます。

(3)簡単に読めること

なお、コンテンツは、簡単であることが重要です。
例えば、コンテンツの言葉使い。専門用語ではなく
小学生の高学年で理解できる表現になっているか?

例えば、コンテンツの文章構造について。

問題提起 > 解決策提示 > 解決策の解説 > まとめ

このような論理的な構造で説明してあげることで
深い理解を与えることができます。

例えば、読んだ後の行動について。

コンテンツを読んだ後、ページでいうと一番下の部分。
ここに、次の行動を明示してあげます。

無料レポートの紹介、関連記事を読んでもらう、
お問い合わせを受け付けるなど、何をしてほしいかを
考えて伝えましょう。

まとめ

過剰なSEO、過剰なデザインを追求するよりもまずは
コンテンツ作り。これに注力していきましょう。


ウェブ集客について誰もが知っておくべき43の秘密

スポンサーリンク

lp1_480_60

ウェブ集客の一歩の購読はFacebookページが便利です


フォローする

スポンサーリンク