質問!なぜ、人は買い物をするのでしょうか?その答えとは・・・

悩む女性

なぜ、あなたはお金を払ってiPhone6、
アクセサリー、洋服、家具を買い求める
のでしょうか。

人は欲しい!という感情で物を買い、
それを理屈で正当化する
から?

・・・

正解です。

でも、今日はもっとシンプルに考えて
みましょう。

その答えは、

買う理由が十分にあるから

ですよね?

感情が先行して「欲しい!」と感じても
じぶんの判断は正しかったと思える情報は
欲しいし、伴侶に説明する理由も必要なはず。

ビジネスパーソンは、お客さんの買う理由を
おさえておくべきです。セールスがより円滑に
すすみますし。

でも

買う理由が十分にあるって抽象的ですよね。

本エントリーでは、まず買う理由を具体的に
します。

そして

売り手として、お客さんにどんな理由を
伝えるべきなのかも考えてみたいと思います。

それではどうぞ。

スポンサーリンク

lp1_480_60

お客さんのこころを覗くと答えはおのずと見えてくる

結論からお話すると、
人は買い物をする時、次の3つの疑問を抱きます。

なぜなぜなぜ

  • なぜ、わたしが買うべきか?
  • なぜ、ほかのひとではなく、あなたから買うべきか?
  • なぜ、いま買わなきゃいけないのか?

3つの疑問に対する理由を伝えることで
お客さんに買う理由が十分あると感じて
もらうことができます。

なぜ、わたしが買うべきか?

「これってわたしに必要なものかも!」

と感じてもらうことがゴールなのですが
そこに至るには、まずこちらに興味・関心を
もってもらう必要があります。

つまり、はじめの一歩は「わたしのこと?」と
振り向いてもらうことです。

例えば

隙間時間を見つけては地道にウェブサイトの
改善(SEO)をしている社長さんにこんな
呼びかけをしたらいったいどうなるでしょうか?

警告!ウェブサイトをひとりで更新している社長へ
今すぐSEOはやめてください。その理由をこれからお話します。

「その理由、聞かせてもらおうじゃないかよ」
そんな返しが聞こえてきそうですね・・・。

そのあとは、

SEOよりも、コンテンツ作成をする重要性を伝えて
「わたしに必要なのはコンテンツ作成かもしれない」と
納得してもらえるメッセージを伝えていくのです。

検索エンジンの影響を受けつづけるSEOでお金を浪費するよりも
見込み客に影響を与えつづけるコンテンツにお金を投資したほうが
よっぽど賢明なのはあなたもすでにお気づきのはずです・・・

なぜ、わたしが買うべきか?の攻略ポイントは、
いかにして見つけてもらうのか?
必要なものだ!と気付いてもらえるか?

の2点です。

なぜ、ほかのひとではなく、あなたから買うべきか?

似ている商品はたくさんある。
なぜ、あなたの商品を選ぶ必要があるのか?

ほかとの違いを伝えます。

さきほどの例の続きでお話すると、、、

実は、わたしもあなたと同じ境遇でした。
でも、SEOを辞めて半年間コンテンツの作成に注力した結果、
月に30件以上の見込み客をコンテンツ経由で獲得しているのです。

その時につまずいたポイントやコンテンツを継続して生み出す
ためのノウハウを体系化しました。再現性も保証致します。

このように、ほかにはマネできないこと、強い共感を
与えるメッセージを伝えることで理由を提示します。

なぜ、いま買わなきゃいけないのか?

今を逃すとどんな結果が待っているのか
ストレートに伝えてあげることが大切です。

さきほどの例をさらに続けてお話すると、、、

あなたにはふたつの道があります。1つはSEOを
攻略して集客をする道。もう1つはあなたがもつ
経験と知識で集客をする道です。どちらの道を
選択するのもあなたの自由です。

でも、、、

あなたには「今日は良い話を聞いたなぁ」と
平凡な毎日には戻ってほしくないのです。

あなたのライバルは、今この瞬間、コンテンツ
集客の重要性に気付いているかもしれません。
更には行動に移しているかもしれないからです。

「遅れはセールスの死」という言葉があります。
今この瞬間、ぜひ決断をなさってください。

わたしは、あなたの決断を受け入れる体制を
整えています。まずは一緒に月間30件以上の
見込み客集めにトライしてみませんか?

決断した先の近未来を想像させて
より「今」を強く意識してもらいましょう。

まとめ

なぜ、人は買い物をするのでしょうか?その答えは
お客さんに買う理由が十分あるから。

わたしたち売り手の役割は、お客さんへ十分な理由を
伝えてあげることです。


ウェブ集客について誰もが知っておくべき43の秘密

スポンサーリンク

lp1_480_60

ウェブ集客の一歩の購読はFacebookページが便利です


フォローする

スポンサーリンク