お客様との良好な関係は、種を蒔いて水をやる回数に比例する

種蒔きと水やり
いつやるの? ずっとでしょ

というお話です。

集まるブログ集客のプロデューサー
原田和彦(はらたかずひこ)です。

神奈川県平塚市は清々しい月曜日。子どもの体調も回復に向かってきているようで、日常を取り戻しつつあります。

さて。本日はマーケティングプロセスのど真ん中にある『関係性の構築(Build)』についてお話します。「お客様と良好な関係を作りましょう!」と口で言うのは簡単です。

でも、粘り強く続けられる人はごくわずか。このプロセスこそ、あなたの価値を決定付ける肝になるといっても過言ではありません。それくらい重要。題して「お客様との良好な関係は、種を蒔いて水をやる回数に比例する」です。

それではどうぞ。

スポンサーリンク

lp1_480_60

マーケティングプロセス(ABCシステム)とは?

わたしのセミナーに参加された方であれば一度は耳にしたことがあるかもしれません。マーケティングはシンプルな3つのプロセス(A→B→C)によって構成されています。

  • A【Attract】見込み客を惹き付ける(集客)
  • B【Build】見込み客と関係性を構築する(信頼)
  • C【Convart】見込み客をお客様へ転換する(成約)

あなたの商品・サービスに興味・感心を抱く人(見込み客)を集めて連絡先を獲得するのが【 Attract 】。集めた見込み客と関係性を構築するプロセスが【 Build 】です。見込み客の価値観を転換してもらうのがゴールです。

信頼してもらうための原則はつぎの5つです。

  1. 価値あるものを提供する
  2. 自己開示を積極的におこなう
  3. 見込み客のことを知って共感する
  4. すべてに一貫性を保つ
  5. 活動を続ける

この5つの原則を守って見込み客と連続して接触していくのです。種蒔き(新規コンテンツの提供)だけではダメですよ。水やり(コンテンツの改定・コンテンツの改訂・コンテンツを補完するコンテンツの提供など)との合わせ技によって一貫性は保たれ、継続的な活動も実現できるので。

たとえばわたしのブログ更新&メルマガ発行も【 Build 】のプロセスそのものです。ブログはオープンメディアとして、メルマガをクローズドメディアとしてそれぞれの特性を活用しています。プライベートな内容はメルマガで。プライベートな報告、読者限定オファーをもっと増やしていく予定です。

ちなみにメルマガの会員登録は【 こちら 】です♪

連続して接触する理由はとてもシンプル。それは欲しい!と感じるタイミングは見込み客(お客様)によって違うからです。1000人いたら1000通りあるということです。当たり前過ぎでたいへん恐縮です。

お客様の欲求の移り変わり

連続して接触することは小さな欲求ラインを大きくしていくこと

この「欲しい!!(★部分)」に到達した瞬間「そうだ、あの人に相談しよう」と1番に思い出してもらえるかは、日頃の種を蒔いて水をやる回数に大きく関係します。

つまり、あなたを信頼のおける人物をみなし、価値観を受け入れ、みずからの価値観をも転換し、納得し、選ぶこと。【 Build 】はあなたの価値を決定付ける肝になる活動というのもすこしは納得頂けたのではないでしょうか。

マーケティングプロセスの中でもっとも重要なのはお客様との関係性を構築する【 Build 】です。ちなみに、これはあくまでもわたしの価値観です。わたしのクライアントはこの考えに賛同してくれる人となります。

お互いに納得したうえで仕事ができるために気分はほんとうに楽です。関係性の構築とは、わたし(売り手)の価値観に同意できない人たちを離脱させる、そんな作用もあるんですよね。とても合理的です。押し売りになる可能性は極めて低くなる訳ですからね。

心地良い日差しの月曜日にあなたに伝えたかったことはそんなところです。

それでは本日もマーケティングを楽しんで参りましょう!

スポンサーリンク