モノより思い出。体験は最高の価値提供だと思う。

monoyoriomoide
とりとめのないブログ

です。

ウェブログ集客のお悩み解決パートナー
原田和彦(はらたかずひこ)です。

先週末。息子のお友達のご実家にお邪魔しました。

ご自宅の目の前には川がありました。おばあちゃん曰くその川では鮎が釣れる。カワセミがやってくる。螢が見れるとのこと。清流です。

そして徒歩3分先には清流の終着駅。そこは海です。不思議で感動的な光景でした。

本日はその時に感じたあれこれをシェアしたいと思います。題して『モノより思い出。体験は最高の価値提供だと思う。』です。

それではどうぞー。

スポンサーリンク

lp1_480_60

海で遊ぶ、川で遊ぶ。とても心が満たされる一日。

オシャレなお店もなければ、滑り台などの遊具もなし。ただただ、波に揺られ、砂と戯れる。しかし、子どもたちにとっては最高の思い出になったようです。

sea1-160717

海水浴場としては穴場のスポットでした

sea2-160717

海が飽きたら即川遊びなんて…贅沢っ!

親目線で言うなら、、、

「オシャレなお店、ステキでしょ?」とか「ウォータースライダーのような遊具、すごいでしょ?」とあれやこれやとてんこ盛りで提案をする時もあるのですが・・・子どもにとっては情報過多というかサービス過剰になってしまうこともあります。

シンプルな体験で満足できるケースってやっぱりあるんだな〜と。もちろん、子どもの”好き”に寄り添った体験であることが前提なのですけど。

最高の体験は、最高のバックアップ(事前準備・安心安全なフォロー・事後処理)があってこそ。

今回の「息子のお友達のご実家にお邪魔するプロジェクト」は奥さん達による綿密な事前準備、お友達のご実家のあたたかいフォロー、帰宅後の後片付けや洗濯などがあって成立するコトです。

当事者である子どもは「あー、楽しかったぁ!!」というニコニコとした笑顔。そして思い出。その表情や感想が親たちのご褒美となります。

これってビジネスにも言えることだなぁと。

お客様に最高の体験の場を。最高じゃなくて最適でも良いんだと。また、体験の場をつくるためには最高のバックアップを用意してあげることが大切。理想は、そのバックアップがお客様に気づかれないことであったり、さり気ないことかな。

それが最高の価値となる体験を生み出す秘訣なのかしら? と真っ赤に日焼けした顔を鏡で見ながら感じたことです。今日も最後まで読んでくれてありがとうございました!

ひきつづきマーケティングと運動習慣を楽しんで参りましょう!


ウェブ集客について誰もが知っておくべき43の秘密

スポンサーリンク

lp1_480_60

ウェブ集客の一歩の購読はFacebookページが便利です


フォローする

スポンサーリンク