大切なのは集客じゃなく◯◯。知ってます?

成果は行動で引き寄せる
成果は行動で引き寄せる

というお話です。

湘南平塚で唯一!
ウェブ集客のお困りごと解決パートナー
原田和彦(はらたかずひこ)です。

いや〜。夜になると発熱。ちょっと動くと心臓ドキドキ、汗だくだくです。発熱の原因は甲状腺(のはず)なので、風邪特有の悪寒はなく、、、最初は気力を削がれておりましたが、、、人って恐ろしいものです。

38度くらいの発熱ならどう調整すれば良いのか掴めてきました。つまり、適応してきました。これは不幸中の幸いなのですが、、、体重が5kgほど減りました。

上京した際の体重は確か67kg。あと3.5kgで17年前の体重に戻れるなんて。ちょっとそっちはそっちでドキドキしていたり(笑)。ま、健康が一番ですけどね。

さて。本日はあるクライアントから感じた確かな手応えのお話。題して『大切なのは集客じゃなく◯◯。知ってます?』です。

それではどうぞ。

スポンサーリンク

lp1_480_60

ウェブサイトは集客が大切ですよね? ・・・残念、違います!

正確には、集客よりも大切なコトがあるんです。それは、、、

成約です。

たとえばわたしのあるクライアントのアクセス数(2015年の今30日と前年比の過去30日)のデータをご覧ください。

アナリティクス前年度比

月間のページビューは約4000。毎月およそ570人の方がこのウェブサイトを見てくれています。ページビュー、ユーザー数、セッション数などは並だと思います。

しかし、注目してほしいのはページセッション、滞在時間(平均セッション時間)、直帰率の3つの数値です。

ページセッションはウェブサイトに1人が訪れた際にどれだけのページを閲覧してくれたの?という指標です。前年と比較すると1人あたり6ページ弱(5.98)見てくれていることになります。

滞在時間はざっくり言うとウェブサイトに1人が訪れた際にページを閲覧するために滞在していた時間という指標です。前年と比較すると1人あたり3分34秒見てくれていることになります。

直帰率はウェブサイトに1人が訪れた際に閲覧を始めたページから他のページに移動することなくサイトを離脱した指標です。こちらも前年と比較すると若干下がっています(直帰率は数字が小さくなるほど優秀)

実はこのウェブサイト。集客をゴールとしていません。

お客様からの「お問合せ」や「相談」がゴールなのです。つまり、成約です。ですからアクセス数は実はあまり重要な指標ではないのです。

成約を実現するためには、「◯◯を募集します」「◯◯の件でお問合せください」といったクライアントのリクエストに即反応してくれるファンを育てることが一番です。

では、ウェブサイトを介してファンを育てるために3年間やり続けたコトとは???

アクセスすると新鮮なコンテンツが掲載されている!ただそれだけ

はい。ウェブサイトを介してファンを育てる最もシンプルな方法は、お客様が「欲しい!」「面白い!」「知りたい!」などと感じるコンテンツを休むことなく発信し続けるコトです。

成約を実現するために、良質なページを増やしていく。良質なページを増やすとアクセス数って自然と上がっていくんですよね。プロの視点から言わせていただくとお金払えばすぐアクセス数って増やせますし…。

重要なのは「集客 < 成約」なんです。

アクセスすると1年前の情報、アクセスすると最新の情報があるウェブサイト。あなたならどちらに興味・関心を抱きますか?

クライアントの充実した成果報告を聞いて感じたコトはそんなところです。ぜひ、あなたのウェブサイトも成約に結びつく形になっているのかをチェックしてみてくださいね!

最後まで読んでくれてありがとうございました!

それではひきつづきマーケティングを楽しんで参りましょう!


ウェブ集客について誰もが知っておくべき43の秘密

スポンサーリンク

lp1_480_60

ウェブ集客の一歩の購読はFacebookページが便利です


フォローする

スポンサーリンク