コンサルタントっていったい何をしてくれるの?

pixta_7339571_M_メルマガバックナンバー

あなたは、「コンサルタント」という
職業にどのような印象をもたれていますか?

胡散臭い感じ?

格好良い!といったイメージでしょうか。

大前研一さんのような人物を想像されるかも
しれませんね。

私は、前職(常務取締役という立場になってから)、
数百人のコンサルタントの方とお会いしました。

その時の印象は正直「何をしてくれるのか実際の
ところよくわからない」方ばかりでした。

「どんなビジネスをしているのですか?」と
質問をしても明快に答えてくれた人ってほとんど
いませんでした。

中には、ブルーオーシャン戦略です!
ランチェスター経営をベースに云々・・・そんな
方法論オタクも中にはいらっしゃいました。

「あなたは、何をしてくれるの?!」という
モヤモヤは晴れないままでした。

スポンサーリンク

lp1_480_60

そんなわたしも今はコンサルを名乗っている

そんな私も今は「販促コンサルタント」と名乗ってます。

「原田さんはどんなビジネスをしているのですか?」

そのご質問に対しては、次のように答えています。

売上低迷に悩んでいる中小企業の経営者に対して
ビジネスの問題解決策をアドバイスする専門家です。
 
インターネットで集客をして、売上をあげる仕組みを
作ることを得意としています。

いかがでしょうか。

少なくとも、販促コンサルタントである私が
どんなビジネスをしていて、何を提供できるのか?
その概要はなんとなくつかめると思います。

もちろん、この答えには正解がありません。
もっともっと、表現に磨きをかける必要があると
痛感しています。

あなたもぜひ一度、自分に対し

「あなたはどんなビジネスをしているのですか?」

という質問を投げかけてみてください。

あなたの見込み客に対して、より伝わる言葉を
発見できるきっかけになるはずですから。

まとめ

「あなたはどんなビジネスをしているのですか?」という
問いに対して、見込み客に伝わる「言葉」を用意しておく。

スポンサーリンク