狙うべき「顧客」を絞る4つの方法

pixta_7339571_M_メルマガバックナンバー

ホームページを作る時、セールスレターを書く時、
メルマガを書く時、必ず狙うべき「顧客」を定める
ことをオススメします。

理由は、狙うべき「顧客」を定めると、伝えるべき
メッセージ、それを掲載すべきメディアが見えてくる
からです。

今日はこの狙うべき「顧客」の絞り方を4つご紹介します。

スポンサーリンク

lp1_480_60

ペルソナで絞る

ペルソナとは、性別・年齢・住居・所得・職業・
学歴・家族構成といった人口統計学的な属性
(デモグラフィックス)と、ライフスタイル・
行動・信念(宗教)・価値観・個性・購買動機と
いった心理的な属性(サイコグラフィックス)から
作った理想の「顧客」像です。

実際のお客さんで絞る

金払いは良いし、値切らないし、行動するし・・・
あなたにそんな理想的なクライアントが
いるならその人を今後も狙うべき「顧客」として
定めることをオススメします。

結果、理想的なクライアントと同じ価値観をもつ
人が集まってきます。

地理で絞る

お客さんに店舗やオフィスに来てもらったり、
アポをとって技術者を派遣したりする必要のある
ビジネスは、地理的に限られます。

広告エリアは地元の新聞やラジオ、ニュースレターや
DMを送るのも同じ郵便番号内や近辺のエリアまで。

でも、重要なことが1つあります。

現地を見ること。現場は情報の宝庫です。
歩いている人の雰囲気、住んでいる家、止まってる
車などを見ると住所だけでは掴み切れない情報が
沢山あるはずです。現場をまわって、理想とする
顧客=地域を絞ることをオススメします。

親近感・つながりを利用する

各自の所属している事業者団体やその専門職の協会、
商工会議所、商工会議所の青年部、その他の経済
団体や市民団体など。こうした【共通の繋がり】と
【親近感】を活用して「顧客」を定めるのも立派な
手段ですよね。

まとめ

狙うべき「顧客」を絞る4つの方法を活用して
あなたの顧客=市場を明確にしていきましょう!

スポンサーリンク