あなたにはお客様に伝えるべきメッセージがまだあるはず

ビール飲みたい

『商品・サービスの独自性、お客様にしっかりと説明できていますか?』

この質問をあるクライアントの社長にしてみたら顔色がすこし曇りました。

『どうしたのですか?』と聞いてみるとすこし間を置いてこんな回答が・・・。

『うちが扱う商品は正直他社とさほど変わらないんだよね・・・』

スポンサーリンク

lp1_480_60

とあるビール会社のお話

同じ悩みを抱えている社長さんは意外と多いのかもしれません。この記事を読んでいるあなたも同じですか?

そんな時にお伝えしたいのがシュリッツビールの物語(ノンフィクション)。1920年代初頭、10社ほどの醸造会社が精力的に競い合っていました。

シュリッツビールは業界8位に甘んじていました。しかし、シュリッツビールはたった半年で業界首位に出ることができたのです。

その方法とは、、、

お客様に事実を高らかに伝えた

業界首位に出ることができた原動力。それは広告の「メッセージ」を変えたことです。当時、どの会社の広告も

私達のビールは純度が高いものです

と、似たようなメッセージばかりでした。そこでシュリッツビールは広告の内容を

ビールの製造工程を事細かく消費者に伝える

ことにしました。

つまり、お客さんに伝えていないことを伝えることにしたのです。長い文章ですがご一読ください。

シュリッツのビール工場はミシガン湖のすぐそばにあり、当時、その水は大変きれいなものだった。工場がその湖岸にあったにも関わらず、シュリッツは深さ1500メートルのアルトワ式井戸を二つも掘っていた。

最高のビールを作るのに最適なミネラルを含有した水は、その深さまで掘らなければ見つからなかったからだ。一番豊かな味と口当たりを生みだす醸造酵母菌の元菌を見つけ、それを開発するのに、5年以上かけて1623回の実験をした。

水を2760度まで熱し、再び冷却して液化する。しかも、その完全な不純物を取り除くために、それを3度も繰り返す。ビン詰めして送り出す前に、純粋で豊かな味を確認するため、一度の醸造ごとに必ずテイスティングをする。

消費者はこの事実を知る術はありませんでした。

「なぜ純度が高いのか?」

その理由を誠実に、事細かく説明して消費者の心を掴んだ訳ですね。

ちなみに

この製造工程。シュリッツビールとしては【当たり前】レベルのこと、だったそうです。

あなたの常識は、お客様にとっては驚くべき事実

シュリッツビールの物語から学べること。それは、伝えることがいかに大切であるかということです。

あなたの常識(技術・こだわり・過程・手法)というのは、あなたが思う以上にお客様にとって、驚くべき事実となる可能性を秘めています。

2014年の現在は、1920年代初頭とは異なりモノが溢れてる時代です。だから、差別化をするのはとても難しいと感じている社長さんも多い。

しかし

現在、誰でも低コストで情報発信できる時代です。

差別化はできない・・・と落胆するのではなく、あなたの常識をウェブサイト・メルマガ・ニュースレターなどで伝える努力をしてください。間違いなく、お客様は感動し、共感し、応援をしてくれるようになりますから。

スポンサーリンク