あなたの伝えたいメッセージは具体的ですか?

でこぼこを選択しよう
平坦より凸凹を選択しよう

というお話です。

湘南平塚で唯一!
ウェブ集客のお困りごと解決パートナー
原田和彦(はらたかずひこ)です。

とあるブログで「もう勉強は辞めませんか?」という内容のキャッチコピーを見ました。この文章だけ見るとなんだそりゃ?って思っちゃいますが「勉強のしすぎで情報メタボになってしまって行動できない症候群」の人に向けたコピーって訳です。

こういう人って世の中にたくさんいるんだろうな〜って感じました。知識の隙間を埋めると気持ち良いですからね。しかも、なんだかできる気分にもなってしまうんですよ(元病人が語る)。

その負のスパイラルを止めるためには、どこかで情報を遮断する必要があります。

「これ」と決めたモノ・コト(書籍・教材やコンサル・塾など)以外はシャットダウンです。そして大事なのは選択したモノ・コト(書籍・教材やコンサル・塾など)といつまでお付き合いするのか?を決めることです。デットラインを決めましょう。

情報メタボになりやすい人にとっては良いループになると思うのですが、、、いかがでしょうか。

さて。本日のエントリーテーマはズバリ「あなたの伝えたいメッセージは具体的ですか?」です。あぁぼんやりしたメッセージだなぁ〜と感じた事例をここ一週間で2件ほど拝見したのでちょっとアウトプットしてみることにします。

それではどうぞ。

スポンサーリンク

lp1_480_60

世の中にはメッセージが溢れている

ウェブサイトやセールスレター、チラシなどの販促物・メディアを作る際、あの人にもこの人にも、多くの人に伝えたいと考えるのは人間の特性なのですが、、、

より多くの反応(成果)を掴みたければ、この人限定にすべきです。なぜなら、世の中にはメッセージが溢れているから。もし、あなたのメッセージが周囲のメッセージと似通ってしまったら… お客様は”その他大勢”に分類することでしょう。

例えば、、、

皆様にお知らせがあります!

これではその他大勢に加えられてしまうのです。

メッセージは「わたしのこと?」と反応してもらわなくてはなりません。メッセージを尖らせるのです。さきほどのメッセージをすこし尖らせると、、、

30代の女性の方にお知らせがあります!

こんな感じになる。

でも、もっと突っ込んで言うなら、、、

30代、夜遅くまで働くキャリアウーマンのあなたにお知らせがあります!

のほうがより具体的ですよね。

具体的にすればするほどマーケット(市場=お客様)が狭まっていくのです。狭まるとぼんやりしているメッセージがはっきりしてくるんですよね。

一見すると「あの人にもこの人にも」のほうがより多数の人にメッセージをお届けできるのですが「心に届くか?」「心に響くか?」はまた別のお話です。

「この人限定」は少数の人にメッセージをお届けするのですが対象は具体的ですから「心に届く」「心に響く」メッセージは作りやすいんです。

この考え方、とっても重要です。

この人限定にするためには…

あの人にもこの人にも、とは真逆の発想。

ひとりに絞ること。専門用語でいうところの「ペルソナ」ですね。お客様を絞る理由、具体的な方法は過去エントリーで詳しくまとめておりますのでぜひご覧くださいね。

理想の顧客像を見つける方法。顧客を知ることが全てのはじまり。
『あなたのお客様は誰ですか?』 この問いに即答できない方はこの記事の続きを読んでみてください。きっとお役に立てるはずです。 ...

わたしのブログ・メルマガには「この人限定(ペルソナ)」を決めて書いております。欲しい情報(ハウトゥ)、必要な情報(在り方やマインド)、近況報告(ワタクシゴト)の3つの軸をぐるぐる回して「楽しんで欲しい」「喜んで欲しい」という熱を注入し、情報発信をしています。

でも、面白いコトにね。どうやら喜んでくれるのは”特定の人”だけではないんです。特定の人と近い人が反応してくれる。近しい価値観をもった人、想定外の世代の人などが集まってくれております。

つまり、メッセージを具体的にするとメッセージ自体が際立つ(目立つ)ので対象外(想定外)の方も反応してくれるんですよね。嬉しい誤算です。

このエントリーをきっかけに、心に届き・響くとんがったメッセージを作ってみてくださいね。

木曜日のお昼休み。あなたにシェアしたくなった内容はそんなところです。今日も最後まで読んでくれてありがとうございました!

それではひきつづきマーケティングを楽しんで参りましょう!


ウェブ集客について誰もが知っておくべき43の秘密

スポンサーリンク

lp1_480_60

ウェブ集客の一歩の購読はFacebookページが便利です


フォローする

スポンサーリンク