マーケターは「現状維持」ではなく「成長投資」すべき

大海原で成すべきこと
大海原で成すべきこと

というお話です。

湘南平塚で唯一!
ウェブ集客のお困りごと解決パートナー
原田和彦(はらたかずひこ)です。

寝る前は必ずインプットするようにしています。翌日の起きがけのアウトプットのために…ですが、大きな視点でいうと自己成長のためです。

あなたは、コンフォートゾーンということばをご存知でしょうか。

コンフォートゾーンとは「自分が快適で安心していられる場所」を意味しますが、自己成長はコンフォートゾーンの外に出ることで実現できます。

今日はそんな話を軽めにしたいと思います。題して『マーケターは「現状維持」ではなく「成長投資」すべき』です。

それではどうぞ。

スポンサーリンク

lp1_480_60

『社長の仕事はマーケティングである』

これは、ダイレクトレスポンスマーケティングの権威中の権威であるダン・ケネディ氏のことばです。

社長には、人間関係、資金繰り、マネジメント、技術力(商品力)向上、セールスなど抱える使命・仕事は山ほどある。大きな責任の手綱をいくつも握っている。

でも、どんなに人間関係、資金繰り、マネジメント、技術力(商品力)、セールスをより良いものにしても、マーケティング(集客・お客様とのコミュニケーション・販促活動)を疎かにしたらビジネスは立ち行かなくなる。

そんな意味が背景にあるメッセージです。

集客、お客様とのコミュニケーション、販促活動。これらに苦手意識を抱いている経営者の方は意外と多いです。合わせて、この問題・難題を見て見ぬふりをしている方も多いのです。

時代は刻々と変化しています。市場も刻々と変化しています。お客様の生活環境・価値観だって日々変化しています。

「忙しいから」「今はうまく行ってるから」「うちにはそんな余裕はない」といった思考停止による「現状維持」をゴールとするのはとても勿体無いとわたしは考えます。

経営者はマーケターであれ。そして成長するための投資を怠るな!

さきほど、自己成長するためにはコンフォートゾーンをぬけ出す必要があるとお話しました。投資(金銭的&時間的)の量をどれだけ自分に課すのか?

たとえば、、、無料の勉強会と10万円の勉強会。どちらが成長できると思います?

たとえば、、、1時間の無料動画セミナーと1日缶詰状態のスイートルーム有料セミナー。どちらが成長できると思います?

これは実践した者から言わせていただくと、投資(金銭的&時間的)の量が大きければ大きいほど成長できるはず。

理由はシンプルです。それは覚悟の度合いが違うから。金銭や時間を失うリスクを背負うのですから当然なのですが、、、まぎれもなく、自分が快適で安心していられる場所から一歩外に出ている訳です。

成果を出してる人はみな、コンフォートゾーンをみずからの意思で飛び出す。そして、成長するための投資を惜しまない。

変わらない恐怖・変わらないリスクを理解し、可能な限り自己成長の努力をすること。ひとりのマーケターとして絶対に忘れてはならない”心構え”です。

木曜日のお昼休み。あなたにシェアしたかった内容はそんなところです。最後まで読んでくれてありがとうございました!

それではひきつづきマーケティングを楽しんで参りましょう!


ウェブ集客について誰もが知っておくべき43の秘密

スポンサーリンク

lp1_480_60

ウェブ集客の一歩の購読はFacebookページが便利です


フォローする

スポンサーリンク