ビジネスに一発逆転ホームランはいらない

repeat160614
ビジネスの流れを意識しよう

というお話です。

湘南平塚で唯一!
ウェブ集客のお困りごと解決パートナー
兼 走るマーケター 原田(はらた)です。

突然ですが、、、

漏斗(ろうと)またはファネルということばをご存知でしょうか。

口は円形。下に行くとつぼんで、先は管状になっているモノです。理科の実験や調理実習で使いましたよね?

funnel

実験器具や調理用具としておなじみ

ビジネスを太く長くするためには漏斗(ろうと)のカタチがとても重要になります。今日はそんなお話を。題して『ビジネスに一発逆転ホームランはいらない』です。

それではどうぞー。

スポンサーリンク

lp1_480_60

事実、ほとんどの人が一発逆転ホームランを狙っている

「これは素晴らしい商品だ!」

作り手(売り手)は商品に惚れ込み、売る直前というのはワクワクするものです。

「よしっ!大々的に告知をしよう」

思い切って30万円の広告費をぶっ込んでみる。

お客様からのお問合せは”3件”でした。

「30万円で3件か、、、」

内心は「最低でも30件はリアクションがあるでしょ(ワクワク)」とか「問い合わせが殺到したらどうしよう(ドキドキ)」なーんて期待感で胸が高鳴っていたようです。

でも、、、

これはよくある話です。

次のアクションはどうなるか?

9割の方は「打ち止め」です。つまり、おしまい。ゲームセット、です。

「広告は効果ない」とか「広告はお金の無駄」とか、科学的な検証はせずに、感情論で片付けてしまいます。当ブログの読者の中には「耳が痛い」と感じている方もいるかもしれません…。

でもこれは地方レベルで起こります。全国レベルで起こりうるお話です。

わたしが何をお伝えしたいのかと言うと、「なぜ、一回で諦めてしまうのか?」もしくは「なぜ、一発で終わりという前提に立つのか?」ということです。

伝えたら伝わる?

それは伝える側のエゴです。

正しくは、、、

伝わるまで伝える。

これが正解です。

言われたら当たり前ですけど、ビジネスの世界において「伝えた ⇒ はい、終了」の1ステップマーケティングが残念ながら横行しているんですよね。

あなたのビジネスはどうでしょうか? バッターボックスに立つのは一回こっきりと思っていませんか? 一発逆転ホームランばかり狙っていませんか?

ビジネスには、漏斗(ろうと)のイメージが必要だ

たとえばわたしがコンサルでお伝えしている「ABCシステム」。これは北岡秀紀さんが提唱された考えなのですが、、、

funnel2

漏斗のカタチに似ているでしょ?

漏斗の口は円形です。上図で言うところの面積が一番広いAttract(アトラクト:惹き付ける)部分。

まずはこの中に“お客様候補”となる見込客をたくさん集めなくてはなりません。一発逆転を狙う、一回で諦めるとは真逆。一発逆転は狙わずに”お客様候補”を繰り返し集める発想です。

漏斗は下に行くとつぼんで、先は管状となります。上図で言うところの面積が狭くなっていくBulid(ビルド:信頼と立場の構築)〜Convert(商談と排除)の部分。

“お客様候補”となる見込客をたくさん集めることで、売り手の価値観に共感してくれる人だけを絞り込んで、納得をして購入してくれるファンを創る。ABCシステムはその仕組みそのものを意味します。

購入まで辿り着いてくれる人はごく僅か

具体的にお伝えすると、、、

30万部の広告媒体が”いつも”30万人の目に届くと思っていませんか? 良くて3万人(10%)くらいじゃないでしょうか。

1万人のメールマガジンが”いつも”1万人の目に届くと思っていませんか? 良くて1500人(15%)くらいじゃないでしょうか。

成熟期にある商品の成約率(購入する確立)。 1%ってすごーく少ない数字だと思っていませんか? 実は1%ってかなり良い数字です。

これは経験則や実践に基づく具体的な数字なのですが、、、

マーケターやコピーライターはこうしたお客様候補(見込客)やお客様のリアクションのおおよその基準値を把握しています。そして、つねに漏斗の流れ(上から下へ)を意識しているのです。

意識しているからこそ、日々バッターボックスに立つのです。一回一回の結果に一喜一憂はしません。

年間に何度バッターボックスに立って、何回三振したか、何回ヒットを打てたか、何回ホームランを打てたか。

ヒットやホームランを打てた要因は? と中長期の視野をもって粛々と計測し続けます。

第三者から見るとホームランを売っているシーンばかり見えるかもしれません。派手で目立ちますからね。

でも、、、

その裏には積み上げ(三振)が存在しています。地味ですから目立ちませんが。

「ビジネスに一発逆転ホームランはいらない」

というメッセージにはそんな意味が込められているのです。

火曜日の夜。あなたにシェアしたいなと思ったことはそんなところです。今日も最後まで読んでくれてありがとうございました!

それではひきつづきマーケティングと運動習慣を楽しんで参りましょう!


ウェブ集客について誰もが知っておくべき43の秘密

スポンサーリンク

lp1_480_60

ウェブ集客の一歩の購読はFacebookページが便利です


フォローする

スポンサーリンク