専門店こそメッセージに一工夫を!

magurolove
“伝える”の重要性

というお話です。

ウェブログ集客のお悩み解決パートナー
原田和彦(はらたかずひこ)です。

◯◯専門店。

この言葉が好きですし、やはり惹きつけられるもの、期待感がありますよね。

本日は街中で目にした専門店のメッセージについて思うところを端的に。題して『専門店こそメッセージに一工夫を!』です。

それではどうぞー。

スポンサーリンク

lp1_480_60

マグロ専門店を発見

誰が見ても「マグロ丼のお店」とわかる佇まい。

magurosenmon

マグロ好きには気になるお店ですが…

でも、、、

ご新規のお客様にとっては、マグロ専門店以外の情報がまったくございません。

マグロ大好きっ子はおそらく店名からグーグルで検索してお店情報をリサーチするのでしょうけど・・・店名で一番目立つ位置にウェブサイトが表示されない。。。

欲しい情報が入店しない限り手に入らない状況です。

これってビジネス的にはアウトだと思うんです。

このお店では何を提供しているのか?

マグロ専門店では何を提供しているのでしょうか。

朝一で仕入れた新鮮な本マグロ。秘伝のタレで漬け込んだマグロを一口頬張ると・・・おじいちゃんからお子さんまでニッコリ。あぁ美味しい♪ 心が躍るマグロ丼は愛情価格の680円です!

最低でもこれくらいはメッセージとして欲しいなぁと思うんです。なんだろう。”マグロ専門店”というキーワードからお客様の想像力に期待するのではなく、こちら(売り手)側からお客様が期待感を抱くようなメッセージを発信する。

マグロ専門店!という単語よりも重要なメッセージを。

どんなお店なんだろう? 親父さんは元板前か? 秘伝のタレってなんだろう? うちのおじいちゃん(子ども)でも食べれるんだな。心が躍るって、そんなに自信あるの? とかね。

お客様が「おぃおぃ」と楽しみながら突っ込むくらいの情報は”最低限”欲しい訳です。

まとめ

専門家のいるお店こそ、お客様の感情をグイングイン揺さぶるメッセージを。

街中のマグロ専門店を目にして感じたことはそんなところです。マグロ食べたい・・・。今日も最後まで読んでくれてありがとうございました!

それではひきつづきマーケティングと運動習慣を楽しんで参りましょう!


ウェブ集客について誰もが知っておくべき43の秘密

スポンサーリンク

lp1_480_60

ウェブ集客の一歩の購読はFacebookページが便利です


フォローする

スポンサーリンク