ライブは価値提供最高のカタチだと思う

場作りしませんか
場作り、してみませんか?

というお話です。

湘南平塚で唯一!
集客にコミットするウェブ集客の専門家
原田和彦(はらたかずひこ)です。

オフィス前の道路は、交通量が少なく静かめ。優雅にブログを書かせていただきます。今日のテーマはライブです。

生放送、生演奏、舞台、セミナー、プレゼンテーション・・・目の前でリアルタイムに繰り広げられるプロの芸は最高ですよね。年齢なんて関係ないと思うのです。題して「ライブは価値提供最高のカタチだと思う」です。

それではどうぞ。

スポンサーリンク

lp1_480_60

志村魂を明治座で体験する(わたしではない)

本日、奥さんと息子(6歳)は「志村魂(しむらこん)」を観に行っております。

明治座の志村魂

理想のお笑いのカタチ

twitterでもポジティブな意見多数。やっぱり生って良いよね。

同じ空間で、同じ時を過ごす。そして感情が揺さぶられる。楽しい、面白い・悲しい・疲れた・トイレ行きたい・・・様々な感情が入り混じるあの感じ。

ライブの醍醐味です。

感情が揺れ動く体験というのはその人の心に刻まれる。思い出となる。その人の価値観に影響も及ぼす。

うちの子は「笑うこと」「笑わせること」が大好き。日本のトップであるお笑い芸人の「本気」を体験させることはひとつの教育でもある(笑)。

記憶にとどめて欲しいし「人を感動させる」ことって素晴らしいコトなんだよって頭では理解できなくても良いから感じて欲しいと思います。

ビジネスにも「ライブ」を組み込もう

ライブをするためにはなにが必要でしょうか。

まずは「コンテンツ」ですね。

次に「集客力」です。わたしたちは、志村けんさんほどのネームバリューはもっておりません。集客力を磨く必要があります。

そして、ライブを提供する場所が必要。規模の大きさに比例して綿密な計画も必要となります。ロールプレイング(稽古)だって欠かせません。

収益性も考えなくてはなりません。明確な目的だって必要だし、、、ライブ終了後の片付け、その後のアクションプラン(商品化、次の展開)だって考える必要もあります。

オーガナイズって大変。価値を生み出すって大変ってコト。

でもね、場作りを経験している人はとてつもなく強い。食いっぱぐれない一生モノのスキルと断言して良いと思う。無から有を生み出すスキル。

ライブは価値提供最高のカタチ。生み出すのは決して楽ではないけれど、その体験は確実にあなたの糧となる。

夏休み前の早朝、あなたに伝えたかったことはそんなところです。最後まで読んでくれてありがとうございました!

それでは午後もアイーーーン・・・じゃなかった、マーケティングを楽しんで参りましょう!

スポンサーリンク