崖っぷちのお菓子、森永 JACK(ジャック)は本当に美味しいか?

ことばにするそして伝える
ことばにする、そして伝える

というお話です。

湘南平塚で唯一!
ウェブ集客のお困りごと解決パートナー
原田和彦(はらたかずひこ)です。

週末は全国的に変な天気でしたね。大雨が降ったり、春一番が吹いたり、暖かくなったと思ったらまた寒くなったり…と、節さんの四方八方の暴れっぷりに気持ち翻弄されました。

あなたの地域はいかがでしょうか。インフルエンザ、ノロウイルス、風邪なども流行っているようなので手洗い・うがいはマストです。

さてさて。

どんな形であれ「ことばにする」ってほんとうに大切だよな〜と感じたホットな事例をご紹介します。題して『崖っぷちのお菓子、森永 JACK(ジャック)は本当に美味しいか?』です。

それではどうぞー。

スポンサーリンク

lp1_480_60

たまたま目にしたPOPに惹かれたのですが…

「今、うわさの崖っぷちお菓子森永 JACK」「森永製菓の担当者からのお願い」「食べた人はみな美味しいというものの…」「これが3度目の発売、最後のチャンスと囁かれ、藁にもすがる思いです」など、まるでセールスレター風のPOPに興味深々のわたし。

森永JACKのPOP

存在すら知らなかったJACK

で、マーケターは「テスト」「実験」「お試し」が心情ですし、マーケティングの興味・誘惑に負けてしまい、、、

ジャックパッケージ

三時のおやつにね

購入してみました。

森永 JACK(ジャック)を食した感想

ブラックコーヒーのお供にぴったんこカン・カン。

キャラメルのほどよい甘さ、ナッツのほどよい塩気、そして、焦がし・ナッツ独自の風味と食感。大人のティーブレイクにオススメできるではないですかっ。

美味しいのに、、、売れない。

その理由をわたしなりに考察してみました。

【理由1】マーケティングメッセージが弱い

パッケージを見るとわかるのですが、JACK(ジャック)には強烈なマーケティングメッセージがありません。

「焦がしキャラメル×アーモンド」「カリカリッ」「JACK(ジャック)」「ソルティキャラメル」といった特徴やネーミングのみ。

これではJACK(ジャック)を誰に食べて欲しいのか、どんな時に食べて欲しいのか、食べるとどんな体験が待っているのか?…つまり、ベネフィット(期待感)が見えません。※パッケージの裏には「コーヒーのお供に」みたいなコピーがありましたけど、わざわざ店頭で裏面見ないしねー。

たとえば、、、

「コーヒーブレイクのお供に」とか「大人専用おやつ」とか「あなたのデスクの中にそっと忍びたい」とか「コーヒーのひきたて役」とか「崖っぷちのジャック」とか「3度目の正直・ジャック」とか「ホワイトデーのお返しに」とか、、、ちょっと尖ったコピーが目立つようにしてほしい。

【理由2】パッケージのこれじゃない感

ネーミングの「JACK(ジャック)」とパッケージの色合いなどがアンマッチだと思うのはわたしだけでしょうか。コンビニのプライベートブランド商品に溶け込めそう。

アーモンド・キャラメル = ブラウン系ですよね。ブラウン系にすると他のお菓子と同じですから、、、ピンクとか、ゴールドとか、もっとパンチの効いたイメージカラーを選択してもよかったのでは?と思ったり。

【理由3】崖っぷち感の演出

もうすこしリアルに、崖っぷち感を演出してほしい。プロレスのように。ちなみに、会社の同僚に「これ、美味しくないですか?」とおすそ分けしたら「…普通」との回答が。

「美味しい」だけじゃなく「普通」とか「美味しくない」とか「固くて嫌だ」とか「キャラメルが奥歯に挟まる」といった”生の声”も(あえて)拾っていくのも画期的かも。

総括

まぁ、こうしてブログでわざわざ紹介しているというコトは、森永製菓の担当者Fさんの思うつぼなのかもしれませんが、、、(笑)

崖っぷちのジャックを応援するために、、、奥さんに1個 買って帰ることに決めました。

つまりは「好き」ってコト。誕生日の今日、わたしの出した答えがそれであります。

今日も最後まで読んでくれてありがとうございました!

それではひきつづきマーケティングを楽しんで参りましょう!

スポンサーリンク