グレイトフル・デッドからマーケティングを学ぶ

お客様が中心にあること
お客様が中心にあること

というお話です。

湘南平塚で唯一!
ウェブ集客のお困りごと解決パートナー
原田和彦(はらたかずひこ)です。

久しぶりにあるバンドの音楽を聴きました。基本的に懐古主義はあまり好きではありません。ビートルズとかストーンズとかもちろん好きだけど、、、そればかりで満足はできません。

いつも、いつかレジェンドをポーンと超えるようなバンドが出てこないものか? 実はそんな希望を胸に抱きながら新しい音楽を耳にしています。

あ。でも今日は彼らの話をさせてください。

その名前はグレイトフル・デッドです。マーケティングのヒントが満載なんですよ。もちろん2015年の今でも通じる方法論です。題して『グレイトフル・デッドからマーケティングを学ぶ』です。

それではどうぞ。

スポンサーリンク

lp1_480_60

即興演奏こそが最大の売り

グレイトフル・デッドはアメリカのロックバンド。オシャレな人なら↓このクマさん、見たことありますよね?

グレイトフル・デッドベア(ダンシングベア)

彼らはスタジオ録音作品(アルバム)よりも即興の生演奏作品(ライブ)にこだわりました。それがグレイトフル・デッドの妙味であり強みだったのです。

彼らを知りたいならまずはこのアルバムをどうぞ

ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ミック・ジャガー、キース・リチャーズといった抜きん出たカリスマ性をもつメンバーのいない彼らはまったく違う戦略を(おそらく)無意識に選択していったはず。

これは天性のものだと思うし、お客様をハッピーにすれば良いをいの一番に考えていたとも言えそうです。

個人的に一番衝撃だったのが、ライブの自由な録音と交換を許可していたこと。2015年の今でも非常識ですよね。でもそれを1970年には推奨しているんですから…未来読みすぎでしょ!!と言わざるをえない。

ライブ会場には録音者のためのスペースまで確保されていたんですから。録音状態の良いテープが残り、即興の生演奏作品(ライブ)ですから音源が被るってこともない。

録音テープの交換もOKだなんて、、、彼らはリアル・ソーシャルメディアを構築していたのですね(彼らのツアー先にテントを貼ってバンドと一緒に動くファンの集団、コミュニティも実在した)。

そんな非常識で魅力的なバンドには熱狂的なファンがいた

熱狂的なファンをデッドヘッズと呼ぶのですが、、、こんな有名人もデッドヘッズだったそうです。

第42代アメリカ合衆国大統領ビル・クリントン、スティーブ・ジョブズ、ヘンリー・ロリンズ、ウーピー・ゴールドバーグ、ジェフ・ペリー、フィル・ジャクソンなど。

非常識なアイデア・立ち位置、ライブの内容はその場に足を運ぶまではわからないワクワク感、ファンに優しく、ファン同士の交流にも寛容、、、。そして一貫したスタンス。

彼らの提供価値を触れ、学ぶことは集客するにはなにをすべきか?お客様との関係性を作るためにはなにをすべきか?そんなアイデア見えてきませんか?

木曜日の夜。あなたに伝えたかった内容はそんなところです。最後まで読んでくれてありがとうございました!

それではひきつづきマーケティングを楽しんで参りましょう!


ウェブ集客について誰もが知っておくべき43の秘密

スポンサーリンク

lp1_480_60

ウェブ集客の一歩の購読はFacebookページが便利です


フォローする

スポンサーリンク