環境が人を成長させ、環境が人を堕落させる

environment
環境の選択って大切

ってお話です。

湘南平塚で唯一!
ウェブ集客のお困りごと解決パートナー
兼 走るマーケター 原田(はらた)です。

あなたは発憤興起できる環境に身を投じていますか?

昨日は”習慣”についてお話しましたが、今日は”環境”にフォーカスしてお話します。

わたしのように意思の壁が障子レベルの人間にとって、環境を自分流に整えるのはとても大事なんです。

その理由を今日はつらつらと綴ってみたいと思います。題して『環境が人を成長させ、環境が人を堕落させる』です。

それではどうぞー。

スポンサーリンク

lp1_480_60

警告! あなたは”ぬるま湯”に浸かり過ぎていませんか?

基本的に人は「痛みを避けたい」と願いながら生きています。

たとえば、、、

人間関係という”環境”がありますよね。

人は痛みを避けるために、居心地の良い場所(コンフォート・ゾーン)を発見し、そこに留まろうとします。

ざっくり棘々しく言ってしまうと、同等レベルの人(もしくはそれ以下の人)と群れる習性があるってことです。

レベルの基準は人それぞれです。外見かもしれません。内面かもしれません。学力や知識かもしれません。価値観かもしれません。様々な物差しをもちより、共に活動します。

誹謗中傷が当たり前の環境に身を投じたら。言われたことを右から左へ流すだけの仕事環境に身を投じたら。行き当たりばったりの環境に身を投じたら。意思の弱いわたしなんて、、、確実に堕落しちゃいます。

類は友を呼ぶ。これは極めて自然なこと。それ以上でもそれ以下でもありません。

成長は、居心地の悪い場所にこそある

さきほどの逆はどうでしょうか。

自分より抜きん出た才能をもつ人達のいる環境。自分より明らかに人間力のある人達のいる環境。一流の人がお互いのビジネスをリスペクトし、切磋琢磨している環境。

「わたし、場違いだよな〜、、、(心の叫び)」「笑われてるんだろうな〜、、、(心の叫び)」「今すぐこの場から逃げ出したい!!(心の叫び)」と、劣等感を抱くでしょう。自己嫌悪に陥るでしょう。自分の親すら恨むかもしれません。

居心地、悪いですよね。。。

でも、、、

これこそ、発憤興起できる環境だったりします。つまり、チャレンジできる”環境”です。

この”環境”にみずから飛び込める人は成長します。まじめな失敗は成長に続く唯一の機会、と実感できるようになります。

日常の”環境”を少しずつ見直してみよう

「それでは明日から居心地の悪い”環境”にどんどん飛び込んでいきましょう!」

と言っても怖いですよね。

オススメなのは、、、

少しずつ日常の”環境”を見直していくこと。

【朝起きる時間を変える】【スマホに入ってる時間泥棒アプリを削除する】これだって生活の”環境”を変える小さな一歩です。

【夜10時以降はインターネット禁止!で、その余暇に読書する】とか、ビジネスにおいても【会う人を経営者や起業家に絞る】とかね。”環境”を見直して半自動的、半強制的に”行動”も変えていくのが吉。

自分の”環境”に着目し、少しずつ”環境”を見直し、少しずつ改善すること。それが、成長の道である。

木曜日の早朝。あなたにシェアしたかった内容はそんなところです。今日も最後まで読んでくれてありがとうございました!

それではひきつづきマーケティングと運動習慣を楽しんで参りましょう!


ウェブ集客について誰もが知っておくべき43の秘密

スポンサーリンク

lp1_480_60

ウェブ集客の一歩の購読はFacebookページが便利です


フォローする

スポンサーリンク