企業のウェブサイトさえあれば営業はいらない?そんなバナナ?!

pixta_7339571_M_メルマガバックナンバー

「企業のウェブサイトでセールスを完結できる」

そう思っている経営者の方は比較的多いようです。

ウェブサイトは24時間365日働く営業マン!

こうした言葉によって、すこし誤解を招いてしまっているのかなとも感じています。

販売を目的としている「ECサイト」や「セールスページ」じゃない限り、ウェブサイトではセールスをしてはいけません。

なぜなら、役割が異なるからです。

スポンサーリンク

lp1_480_60

企業のウェブサイトのあるべき姿とは?

企業のウェブサイトの役割のあるべき姿は「商品に興味・関心のある人を集める」ことです。ようは【見込み客】を集めるサイトですね。

あなたの取り扱う商品・サービスに気がある人を集める。そして、セールスは、異なる手段をつかって、見込み客”だけ”におこなうべきだと私は考えます。

成果 = 集客(ウェブサイト) × 販売(セールス)

問題解決の基本は、プロセスの細分化と役割を明確化(単一化)することです。ウェブサイトの導入・リニューアルの際はぜひとも検討していただけたらと思います。


ウェブ集客について誰もが知っておくべき43の秘密

スポンサーリンク

lp1_480_60

ウェブ集客の一歩の購読はFacebookページが便利です


フォローする

スポンサーリンク