商品・サービスの欠点を伝えるべきか?

pixta_7339571_M_メルマガバックナンバー

100%の人間はいないように、100%の
商品・サービスはこの世に存在しません。

みんなそれは潜在的にわかっているハズです。

人は欠点を隠します。それは極めて自然な行動
でもあります。

しかし、

もし、商品・サービスに決定的な欠点があった
場合はどうでしょうか。隠しておくべき?

顧客は、売り手が思っている以上に鋭いと
思ったほうが賢明です。

うま過ぎる話は逆に信頼性を落とす可能性が
あります。

だから、商品・サービスに欠点があるのなら
早い段階で正直に伝えることが大切であると
私は考えます。

つまり、ハードルを上げ過ぎないということ。

できないことは、正直にできないと伝える。

でも、ここまでなら達成できますよと合わせて
伝えてあげる。

ホームページやランディングページの反応が
イマイチの時。

メッセージが大げさになっていないか?
確認してみるのは有効な手段です。


ウェブ集客について誰もが知っておくべき43の秘密

スポンサーリンク

lp1_480_60

ウェブ集客の一歩の購読はFacebookページが便利です


フォローする

スポンサーリンク