インバウンドマーケティング – ウェブ集客の辞典

ウェブ集客辞書
スポンサーリンク

lp1_480_60

インバウンドマーケティングとは?

インバウンドマーケティングとは、マーケティング戦略の一つとして用いられる手法です。

この手法を用いたマーケティング戦略では、有用なコンテンツがベースとなります。

コンテンツを作成し、言わばベース吉のようなものをユーザーに発見し、アクセスしてもらうことからスタートします。

ユーザーにいかにコンテンツを見つけてもらうかが、マーケティングの鍵となります。

よって、いかにユーザーを引き付けられるか、という戦略が求められるのであります。

そのコンテンツとなるのがSNS、Facebook、Twitter、ブログ、そしてウェブページです。

これらに対してユーザーがアクセスすることでインバウンドマーケティングがスタートするのです。

ただ、アクセスしたとしてもそれらの基地を通りすぎてしまってはインバウンドマーケティングの意味をなさないのです。

よって、次の段階としては、そこにとどまったり、リピートして有用な情報を収集させるコンバートが重要になります。

ユーザーは知らず知らずのうちに働き蜂のようにプロフィールや好み、メールアドレス等マーケティングに欠かせない情報を収集していきます。

そこから顧客へとつなげることがインバウンドマーケティングの最終段階です。

関連用語

アウトバウンドマーケティング


ウェブ集客について誰もが知っておくべき43の秘密

スポンサーリンク

lp1_480_60

ウェブ集客の一歩の購読はFacebookページが便利です


フォローする

スポンサーリンク