ロングテール – ウェブ集客の辞典

ウェブ集客辞書
スポンサーリンク

lp1_480_60

ロングテールとは?

ロングテールとはインターネットは発達したことにより、可能となったビジネス形態のひとつです。

ロングテールは文字通り長い尻尾を意味していて、売上の少ない尻尾の先の方の商品も取り扱うということを意味しています。インターネットが普及する以前のビジネス方式であれば、売れ筋の商品を重点的に仕入れ、それを販売することでしか利益をあげることはできませんでした。

確かな需要はあるけれど、実際に売上につながらないニッチな商品はビジネスをする上では不向きな商品だったのです。

しかし、インターネットが普及したことで、幅広く商品を取り扱っても在庫リスクなどが少なくなりむしろ確実な需要のあるロングテール帯の商品が大手と競合せずに済むため、リスクの少ない商材の一分となるようになったのです。

このようにロングテール型のビジネスというのは、人気のある商品を大量に取り揃えることのできる大手よりも、人気のある商品を大量に確保できない代わりに大手が手をつけづらいニッチな商品を揃えることが出来る、中小企業が有利となるビジネスモデルになっているため、資金力の弱い中小企業でも大手と対等に商売で競争することの出来る販売手法となっているのです。

関連用語

ニッチ

スポンサーリンク