セッション数(訪問数) – ウェブ集客の辞典

ウェブ集客辞書
スポンサーリンク

lp1_480_60

セッション数(訪問数)とは?

セッション数(訪問数)とは、あるウェブサイトを訪れたユーザーの訪問回数を意味します。「ビジット数」と呼ばれることもあります。

セッション数(訪問数)では、あくまでも訪問された数をカウントするため、ユーザーが訪問するたびにカウントされます。

また、ユーザーがウェブサイトで行っている一連の操作をセッション(訪問)と見なしてカウントします。

アクセス解析ソフトにより違いがありますが、たとえば、あるユーザーがあるウェブサイトを訪れて30分以上操作を行なわなかった場合、それ以降の操作は、新しい訪問とみなされ、カウントされます。

一方、いったんウェブサイトを離れたユーザーが30分以内に同じウェブサイトに戻ってきた場合は、前の訪問の1部とみなされ、カウントされません。

セッション数(訪問数)をユニークユーザー数(ウェブサイトを訪れた人数)で割れば、1人あたりのユーザーがどれくらい訪問しているのか、を把握することができます。

つまり、お客さんがどれくらいリピートしてウェブサイトを訪れてくれているのか、をはかることができるのです。

また、ページビュー数(ウェブページが表示された表示回数)をセッション数(訪問数)で割れば、ユーザーが1回の訪問でどれくらいのページを見ているかを把握することもできます。


ウェブ集客について誰もが知っておくべき43の秘密

スポンサーリンク

lp1_480_60

ウェブ集客の一歩の購読はFacebookページが便利です


フォローする

スポンサーリンク