他と違うことをする。年末のカレンダーひとつとってみてもね。

他と違うことをするには覚悟が必要
他と違うことをするには覚悟が必要だ

というお話です。

湘南平塚で唯一!
ウェブ集客のお困りごと解決パートナー
原田和彦(はらたかずひこ)です。

11月になりました。今年もあと2ヶ月です。早いですねー。今日は家族でぼうさいの丘公園にお邪魔しました。晴天の日はもっぱら公園の我が家です。

ぼうさいの丘公園website

厚木市の広域避難場所に指定されている「防災公園」

アート作品

気になるアート作品をパシャリ

サッカーしたり、滑り台を滑ったり、大縄跳びやったり、かくれんぼをしたり、子供の気持ちに合わせて遊び倒しました。異次元の疲労感が全身を襲って参ります。お昼寝しないと夜まで持ちません(汗)。

はい。日曜日はいつもよりゆるーく短めのエントリー。題して『他と違うことをする。年末のカレンダーひとつとってみてもね。』です。

それではどうぞ。

スポンサーリンク

lp1_480_60

露出度の高い年末カレンダー

年末挨拶の好例(?)となっている挨拶回りで受け取る来年のカレンダー達。社名以外はぜーんぶおなじ色味・紙質・2〜3パターンのサイズの筒がずらりと数十本集まります。

この風習、永遠に続くんだろうなー・・・。なーんの疑問も持たずにね。

そんなげんなりする年末カレンダー事情の中で、明るいニュースがひとつだけあるんです。それが露出度の高い年末カレンダーです。

のっけ(表紙)から社名とともにグラビアアイドルの悩殺ポーズが全開のカレンダーです。もちろんオフィシャルの販促物となります。

もちろん、相手(お客様)の属性によってテーマを変える必要はあると思いますが、、、着目してほしいのはユニーク(独自)であること。他と明らかに違う行動を取っているのです。

無論、このグラドルカレンダーはあっという間になくなります。選ばれるのです。

他とは明らかに違うので『年末の挨拶』もひと味違ったイベントになるはず。一見バカらしく感じるかもしれませんが、、、わたしはマーケターとして見逃さずにはいられないカレンダー・・・否、事例です。

ユニーク(独自)は記憶に残るし、選ばれる。他と違う選択を取るとはそういうことだと思う。

日曜日の夜。あなたにシェアしたかった内容はそんなところです。最後まで読んでくれてありがとうございました!

それではひきつづきマーケティングを楽しんで参りましょう!


ウェブ集客について誰もが知っておくべき43の秘密

スポンサーリンク

lp1_480_60

ウェブ集客の一歩の購読はFacebookページが便利です


フォローする

スポンサーリンク