ストーンローゼスの新曲「All For One」はレモンのように酸っぱい

all-for-one
再会は突然に

というお話です。

湘南平塚で唯一!
ウェブ集客のお困りごと解決パートナー
兼 走るマーケター 原田(はらた)です。

突然ですが、、、

音楽、好きですか?

わたしは大好きです。

中でも90年代以降のマッドチェスター・サウンド〜ブリット・ポップあたりはどストライクだったりします。(それ以前のモッズやパンク、ストーンズやビートルズなどはさほど詳しくない・・・)

22年ぶりにマッドチェスター・サウンドの申し子、ザ・ストーン・ローゼスの新曲『All For One』がオリジナル・メンバー(イアン、ジョン、レニ、マニ!)でリリースされました。

iTunes購入リンクはこちら

このニュースが耳に届いていない同志がまだいるのではないか? そんな想いと、復活!の新曲が(正直)ぱっとしないアーティストが多い中、過去の名曲と同等かそれ以上にワクワクしちゃった故にエントリーせずにはいられなかったのです。

あ。ちなみに彼らのマーケティングもお見事でしたよ。ゲリラ的で。

すでに100回以上繰り返し聴いてみての感想主体で今日はエントリーしちゃいます。題して『ストーンローゼスの新曲「All For One」はレモンのように酸っぱい』です。

それではどうぞー。

スポンサーリンク

lp1_480_60

ストーンローゼスって何者?

を、せっかくなので知ってください。

英国ロックとダンス・ミュージックを融合させた“マンチェスター・サウンド”の中心的存在として、世界中のロック・シーンに今もなお多大なる影響を与え続ける伝説的UKロック・バンド、ザ・ストーン・ローゼズ。

イアン・ブラウン(ヴォーカル)、ジョン・スクワイア(ギター)、マニ(ベース)、レニ(ドラムス)の4人によって、1985年に英国マンチェスターで結成。1989年にゾンバ傘下のシルヴァートーン・レーベルからデビュー・アルバム『ザ・ストーン・ローゼズ』をリリース。

60年代のブリティッシュ・ポップス風の甘く美しいメロディとハーモニーに、ハウスのノリをミックスしたような豪快なサウンドが、当時のブームとなっていたレイヴなどにリンクして、本国イギリスをはじめ、ヨーロッパや日本で人気爆発。

後続のバンドに大きな影響を与え、ハッピー・マンデイズなどとともに、マンチェスター・ムーヴメントの中心的存在として活躍。低迷していた英国ロックの救世主として注目され、世界的人気を集めた。

【出典】ザ・ストーン・ローゼズ | Sony Music | ソニーミュージック オフィシャルサイト

次に彼らの代表的な作品を体験してみてくださいね。

ちなみにこの3曲が生まれたのは27年程前です。

ストーンローゼスの新曲「All For One」は驚くほど瑞々しい

なんていうんでしょうか。

ベテラン(おじさん)になればなるほど、再結成以後の曲調って、やたら重かったり、ミッドテンポだったり、テクニック重視だったり、難解だったり、、、えてして過去の名曲のお膳立てをする前菜になりがち。

でも、、、

ストーンローゼスの新曲「All For One」には”前菜感”を一切感じませんでした。

軽くて、アップテンポで、密度もそこそこで、わかりやすく、想像以上に酸っぱくて瑞々しい感覚。まさに「これだよ、これっ!!」って感覚。22年ぶりとは思えないっ。

「何かまたはじまっちゃう?」 そんな期待感が膨らまずにはいられない感じ。

3枚目!のアルバムがとーっても楽しみ。

ストーンローゼスのマーケティングもお見事

とつぜんおマンチェとかニューヨークとか渋谷にレモンの絵が。

知らない人は何あれ? 知ってる人はまさか! のティザー広告です。その数日後、iTunesで新曲がリリースされました。

ザ・ストーン・ローゼスといえば「レモン」ですから。

Elephant Stoneも収録ver

かっこいいし、ゲリラ的。

All For One. One For All. If We All Join Hands We’ll Make A Wall(みんなは一人のために。一人はみんなのために。僕らが手を取り合えば、壁を作ることができるだろう)

22年ぶりにリリーされた新曲。なんて瑞々しいんだろう。世界中のローゼスファンがわりと本気で小躍りしはじめましたよ。

ローゼスの新曲を100回以上聴いて感じたことはそんなところです。今日も最後まで読んでくれてありがとうございました!

それではひきつづきマーケティングと運動習慣を楽しんで参りましょう!


ウェブ集客について誰もが知っておくべき43の秘密

スポンサーリンク

lp1_480_60

ウェブ集客の一歩の購読はFacebookページが便利です


フォローする

スポンサーリンク