今日からできる!ベネフィットの基本・ベネフィットの作り方レシピ

マーケッターやセールスコピーライターの常識、商品・サービスに対するベネフィットの基本とその作り方。   ベネフィットをウェブサイトやランディングページ、セールスレター、チラシといったメディアに載せるだけで成約率が2倍、3倍になることもざらにあります。   商品・サービスのベネフィットを作る技術は作法と同じ。身につけると一生涯使えるスキルです。社長、ウェブディレクター、営業パーソンにとっても必須課題。   昔勉強したけど「よく分からなかった」「難しかった」という方「特徴とベネフィットの違いって何?」といった初心者の方にもぜひご一読いただきたい秘密のレシピを大公開。   ベネフィットとは? 一言でいうと商品・サービスに対する期待感のこと。あなたは商品・サービスにこんな期待感、感じたことありませんか?   あのラーメン、美味し(そう) このサービス、効果あり(そう) これなら私でもできる(かも) コンプレックスが解消できる(かも)   そこから転じて人の感覚を刺激すること。それがベネフィット。商品・サービスのベネフィットを感じた人はベネフィットを伝えない時よりも行動する確率が高くなります。   行動は商品・サービスの選択・購入に繋がります。成約率が2倍、3倍となる理由はこのためです。ベネフィットは、文章・映像・音楽を通して伝えていきます。   ベネフィットのあるメディア・ないメディア ベネフィットは商品・サービスの期待感を提供すること。では、実例を使ってベネフィットはどのように使うべきか覗いてみましょう。まずは、ベネフィットのない商品広告から。 AQUOS...
2014年5月29日0 DownloadsDownload