ウェブ集客を学ぶ最短ルート。それは・・・

専門家の知識を借用する
専門家の知識を借用する

というお話です。

集まるブログ集客のプロデューサー
原田和彦(はらたかずひこ)です。

おはようございます。わたしのメンターは 100% 早朝から活動をしている模様。わたしの早朝は主にタスクの整理、ブログ・メルマガのネタを考える時間に当てています。仕事スイッチ、入ります。

あり得ない成果を出されている方々は時間の使い方をマスターしています。朝活しちゃうと「時間がない」って軽々しく言えなくなりますよね。

「わたしは時間の使い方をわかっていません」と公言しているようなものですから。「仕事が忙しい = 仕事ができない」と同義かもしれない。あなたは大丈夫だと思いますが、、、気を付けましょう(自責の念を込めて)。

さて。本日はウェブ集客を学ぶ最短ルートについて考えてみます。この内容はわたしの実体験にもとづくお話。「何当たり前のこと言っちゃってるの?」そういった突っ込み、大歓迎。題して「ウェブ集客を学ぶ最短ルート。それは・・・」です。

それではどうぞ。

スポンサーリンク

lp1_480_60

ウェブ集客を学ぶ最短ルートは”お金を払って学ぶ”こと

これだけです。

ノウハウコレクターの癖をもつわたしが言うのですからこれは真理です。無料の情報はみーんなが見れます。期限のあるものに関しては限定的と言えますが、誰にでも見れるチャンスはあるということです。

無料のノウハウは(実際に提供する立場からお話すると)ほんのさわりです。漫才でいうところのつかみです。落ちは見せません。(見せるとしたら”売り込み”くらい)

無料ノウハウを否定するつもりはありません。事実、有料級のノウハウを提供していることもあるので。

でも、

そこにはあなたの利益を2割・3割・5割増しにする武器は存在しないのです。

お金を出さない限りは。

お金を出して学ぶ際におさえておきたい3つの要素

「投資以上のリターンを得る!」という”思考”

「お金を払う」その言葉の印象としては「失う」「喪失する」「痛みを被る」など、ネガティブなもので捉えられるかもしれません。事実、財布や預金通帳はマイナスになるのですからそれは自然のことかもしれません。

しかし、学びとはマイナスをプラスに、プラスをもっとプラスに転じるために行うはずです。たとえば、マーケティングスキル −100 の状態を +100 にする。そのために10万円を支払うとします。

成果の出せない人は、+100 にすることをゴールとします。その先は考えません。資格取得などがその典型例となります。

一方で、

成果の出せる人は、+100 にすることによっていくら稼げるか?(むしろ稼ぐか?)をゴールとし、思案します。つまり、投資額以上のリターンが得られるのか?という思考ですね。

「わたしは専門家だ!」という”心構え”

どんな職業であれ、不変的な技術・ノウハウもあるし、革新的な技術・ノウハウだってある。クライアントを想うとその両輪をつねにアップデートしていく必要があります。

専門家なんですから「変わらない」や「現状維持」という選択肢はあり得ません。

不変的な領域はより深く。革新的な領域にはより速く。クライアントの期待感であったり納得感であったり信頼感を提供するためにも、わたしもあなたも“専門家”である強い自覚とより高度な学びを継続すべきです。

それが専門家の責務だとわたしは考えます。

「ハートに火をつけろ!」という”強制力”

お金を払って学ぶという選択をした場合、一時的にキャッシュアウトするのですから、少なからず”痛み”は被る訳です。

無料では「良い話が聞けたなぁ」くらいで済みますが(済ませてはいけませんが)、有料はそうはいきませんよね。

是が非でもその2倍、3倍、5倍のリターンを得る!その強制力が働きます。

お金を出す(痛みを被る)ことは、活動に熱を与え、具体的な目標を生み出します。

面白いことに、その具体的な目標は投資金額の大きさに比例するのです。

これは、現状を本気で変えたい人だけにオススメします

ウェブ集客を学ぶ最短ルートは”お金を払って学ぶ”こと。現状を今すぐにでも本気で変えたいと思う方にはとってもオススメの方法です。

のらりくらりとビジネスをしたい人にはオススメしません。火傷します。

過去、メンターの有料セミナーに参加して体感したことはそんなところです。最後まで読んでくれてありがとうございました!

それでは本日もマーケティングを楽しんで参りましょう!


ウェブ集客について誰もが知っておくべき43の秘密

スポンサーリンク

lp1_480_60

ウェブ集客の一歩の購読はFacebookページが便利です


フォローする

スポンサーリンク