「思い出」の提供は付加価値となる事例(おじさん感涙)

sfc-love
なつかしいも付加価値

というお話です。

湘南平塚で唯一!
ウェブ集客のお困りごと解決パートナー
原田和彦(はらたかずひこ)です。

見た瞬間、釘付けになりましたよ。

そして、これはブログで紹介しなきゃってね。

わたしを釘付けにしたモノというのが↓これです。

3ds-sfv

受付期間は4月27日午前11時59分まで

Newニンテンドー3DS LL スーパーファミコンエディションです。ちなみに昔なつかしいスーパーファミコンは↓こちら。

Super_Famicom_JPN

いま見ても洗練されたデザインです

今日はこのニュースを題材としてマーケティングの心理トリガーのお勉強を。題して『「思い出」の提供は付加価値となる事例(おじさん感涙)』です。

それではどうぞー。

スポンサーリンク

lp1_480_60

心理トリガーってなに?

コピーライティングを勉強すると必ずでてくる重要キーワード『心理トリガー』。ざっくり言うと、人の感情を揺さぶるきっかけ(引き金)です。

たとえば、、、

限定性と希少性、恐怖、理由、好奇心、社会的証明、共感、対比、、、などなど、これらみんな心理トリガーです。※心理トリガーは細分化するともっとたくさんあります。

そして、、、

Newニンテンドー3DS LL スーパーファミコンエディションの心理トリガーは「思い出」に分類できます。特定の人の感情をギュインギュイン揺さぶってる。

次は、

心理トリガーの重要性について解説します。当ブログの賢明な読者なら「あれね」とすぐ連想するあの真理です。

“人間は感情が揺れ動いて行動する生き物”

です。

人間が人間である限り、これは真理です。

逆説的に言うなら、人は感情が揺れ動かない限り、お買い物(行動)はしません。 この傾向は高額であればあるほど顕著に現れます。

今回のNewニンテンドー3DS LL スーパーファミコンエディションも良い例だと思うんです。

なぜなら、、、

店頭で売っている「Newニンテンドー3DS LL」と「スーパーファミコンエディション」はスペック的にはまったく同じです。

むしろ、スーパーファミコンエディションのほうが1,810円高いし(送料込みの金額)注文しても手元に届くのは最短でも7月下旬です。

純粋に今日〜明日中にゲームを楽しみたいなら、、、価格が安くて近所のおもちゃ屋さんですぐに手に入るNewニンテンドー3DS LLを選択するのが正解ですよね。

しかし、、、

昔、スーパーファミコンのマリオやF-ZEROやパイロットウイングスやアクトレイザーで衝撃を受けて、ドラクエやファイナルファンタジーシリーズ、ゼルダとかダービースタリオンとか三国志などをやりこんだ元ゲームっ子・現おじさん達にとってはちょっと特別に映るんです。

しかも、、、

4月27日(水)午前11:59で受付終了となる期間限定オーダーです。

さらには、、、

受注生産なので希少性もあります。

おまけに、、、

本体パッケージだって当時のテイストを再現した線画タッチのデザインだしね(上手だな〜)。

sfc-pkg

スーファミのパッケージを開けたあのワクワク感、思い出しますね

もうおじさん感涙の”仕上がり”になっている訳です。

つまり、、、

「思い出」という情報の提供は、商品の付加価値になるってこと。明確な付加価値を示すことは、価格勝負の土俵に上らずに済むってことになります。

Newニンテンドー3DS LL スーパーファミコンエディション発売!のニュースを見て感じた内容はそんなところです。今日も最後まで読んでくれてありがとうございました!

それではひきつづきマーケティングを楽しんで参りましょう!


ウェブ集客について誰もが知っておくべき43の秘密

スポンサーリンク

lp1_480_60

ウェブ集客の一歩の購読はFacebookページが便利です


フォローする

スポンサーリンク