集客はフロントエンド商品によって実行される(身近な実例)

google
個人向け・企業向けともに有効な集客方法

というお話です。

ウェブログで発信、人に繋がって集客
選ばれる社長の集客プロデューサー
原田 和彦(はらた かずひこ)です。

今日は3月20日(金)。3月も後半戦に突入。世の中は期末でバタバタしているのでしょうか。来年度の事業戦略も固まり、そのスタートをどうダッシュするか、行動しながら種まきをしているのでしょうか。節目というのは良いものです。それだけで行動する理由になりますから。

でも、ひとりや少数精鋭でがんばる起業家は毎月が年度末みたいなものですよね。これはわたしの実感なのですが、サイクルは細かく(小さく)早く回したほうが良い結果を得ることができるなあと。機動力を活かしていきたいものです。今月の残りも行動あるのみです!

さて。本日は、身近に存在する集客の実例から集客の具体的な方法を学んでみたいと思います。きっとあなたも毎日使っているはずですよ。題して「集客は、フロントエンド商品によって実行される(身近な実例)」です。

それではどうぞ。

スポンサーリンク

lp1_480_60

なぜ、グーグルは無料でサービスを提供しているのか?

検索エンジン、ウェブブラウザ(Google Chrome)、Gmail、Googleドキュメント、Googleマップ、Googleアナリティクス、ウェブマスターツール、Googleカレンダー、Blogger(グーグルの無料ブログ)、Google翻訳、Google+など。

これはすべて無料で使えるツールです。あなたもなにかしら一度や二度、利用したことはあるでしょうし、愛用していると思います。

とくにGmailは使わない理由を探すほうがむずかしい高性能なメールソフトです。迷惑メールにうんざりしていたあの時代はなんだったのか?と思うくらいフィルター機能が抜群です。メールの検索も速い。

これは完全に有料級のメールソフトです。にも関わらず誰でも無料で使うことができます。その理由は、ものすごくシンプルで集客したいから。もうすこし具体的にお話すると見込み客の連絡先を取得したいからです。もっと具体的にお話すると見込み客の趣味嗜好を知りたいからです。

だからそのために有料級のツール、つまり見込み客のウォンツ(あったら良いな)を満たすツールをたくさん提供しているのです。その結果、何億人、何十億人もの見込み客リスト(資産)を集めることに成功しています。

集めたあとは洗練によって関係性を構築している

グーグルはその便利なツールを日々洗練しています。研ぎ澄ましています。尋常じゃないスピードで。その活動を通してお客様との関係性を構築しているのです。

人は他人から何らかの施しを受けた場合に、お返しをしなければならないという感情を抱きます。その心理(返報性の原理)を機能させています。

ファンになってくれたお客様へアップセル(高付加価値化)の売り込み、お客様の好みにマッチした広告出稿は好意的に受け入れられ、購入され、有機的に機能していきます。継続的に。

それはグーグルだからできることじゃないの?

否、違います。あなたのビジネスにもこの思考術は確実に使えるものです。あなたの商品・サービスにお金を払うのはお客様です。そのお客様をどうやって集めるのか?その洗練された方法・流れ・形は十分に学べるし、置き換えて考えることができるはずです。

商品・サービスの無料提供がむずかしいならお試し版を提供しましょう。それもむずかしい場合は、あなたのノウハウを提供してみてください。それも難しい、理解できない、わたしにはできない・・・そう思うならあなたはマーケッターとしては失格と言わざるを得ません。

グーグルも選択している基本的なサービスや製品を無料で提供し、さらに高度な機能や特別な機能について料金を課金する仕組みのビジネスモデル(フリーミアム戦略)。

個人向け・企業向けともに有効な手法。この手法は中小企業・起業家・士業・コーチ・コンサルタントにとっても非常に有効な手法です。

本日もマーケティングを楽しんで参りましょう!

スポンサーリンク