自己開示をする際のポイント

pixta_7339571_M_メルマガバックナンバー

ウェブサイトやブログで自己開示をおこなうと何が得られるか?

『共感』でしたよね。

「あぁ、この人は苦労してるんだな」とか「私も同じことを思ったことがある」とか「種目は違えど私もスポーツに明け暮れたな」など共感を得ると、読み手との距離感が近づき商品のオファーを提示した時も受け入れてくれたり、困っていたら協力してあげよう、そんな行動をとるようになります。

ではその自己開示をするうえで、ひとつポイントを共有したいと思います。

それはストーリーです。

コピーライティングを学ぶと必ずこのストーリーの重要性を学びます。人は良いことだらけのストーリーには魅力を感じません。むしろ、それ本当?と疑ってみてかかります。

逆に、

壁にぶつかったこと、苦労したこと、逆境をどうやって乗り越えたのか?こうした話を読むと勇気づけられて、感情移入します。書く側は多少の勇気が必要かもしれません。しかし、ありきたりの言葉を並べたコンテンツと比較すると反応率は決定的に違います。

例えばこんな感じで。

何事もバランスは大切ですが、パーソナルな部分を公開することで心理的な壁を取り除く情報の提供側は、すこしだけ強く意識することをオススメします。

ま。純粋に読者の立場としてパーソナルな情報があったほうが読み物として楽しいんですよね。


ウェブ集客について誰もが知っておくべき43の秘密

スポンサーリンク

lp1_480_60

ウェブ集客の一歩の購読はFacebookページが便利です


フォローする

スポンサーリンク