レスポンシブ・ウェブデザイン – ウェブ集客の辞典

ウェブ集客辞書
スポンサーリンク

lp1_480_60

レスポンシブ・ウェブデザインとは?

レスポンシブ・ウェブデザインとは、異なるデバイス、つまりパソコンやスマートフォンなどの機器に合わせて別々のファイルを準備して表示させるのではなく、CSS(スタイルシート)を切り替えることでレイアウトを調整して同じファイルを表示させる、ウェブサイトデザインの手法の一つです。

これまでは、デバイスによって、つまり、パソコンとスマートフォンで画面の大きさが違うため、それぞれの画面サイズに合うように最適化されたファイルを用意し、サーバー側でそれぞれのOSやブラウザを判別し、それぞれに合ったファイルを表示させる手法がとられてきました。

レスポンシブ・ウェブデザインではこのようにサーバー側でOSやブラウザを元に表示するファイルを振り分けるようなことはせず、画面の大きさに応じて同一の内容が最適な状態で表示されるようにファイルを準備します。

1つのファイル(HTMLファイル)を管理すれば良いため、更新の煩雑さを減らすことができます。

また、レスポンシブ・ウェブデザインでは、URLがパソコン向け、スマートフォン向け、のように別々にならず、統一されるため、複数のURLが出現してしまう、といったことも避けられます。

将来、新しい端末やOSが出現した場合にも対応できる、それがレスポンシブ・ウェブデザインなのです。

スポンサーリンク