え? ウェブサイト持ってないの?

boundtennis160920
伝わるまで伝えよう

というお話です。

ウェブログ集客のお悩み解決パートナー
原田和彦(はらたかずひこ)です。

2016年の今。まさかの出来事に遭遇しました。

今日はそんなお話を端的につらつらと。題して『え? ウェブサイト持ってないの?』です。

それではどうぞー。

スポンサーリンク

lp1_480_60

WordPress(ワードプレス)もJimdo(ジンドゥー)もあるのに、、、ウェブサイトを持たざる人はまだまだいるんだ

これは制作側にいるわたしも反省しなきゃならない。

先日。バウンドテニスという競技を体験したんです。マニアックですよね?

バウンドテニスは、テニスに比べると、技術的に優しいスポーツです。性別や年齢を問わずに手軽にできます。狭い場所でも体力に応じた運動量を確保でき、さわやかに汗をかくことができるのです。

で、、、

近場でゆるいサークルないかなーとインターネットリサーチをしてみたのですが・・・

ない。

ウェブサイトがないっ!

地域スポーツのポータルサイトを見つけて表記されている電話番号に連絡してみるものの繋がらない。表記されているメールアドレスに連絡してみるもエラーで返ってきてしまう・・・。

これでは、、、

バウンドテニスに興味・関心をもつ人が離脱しちゃいますよね。意図的ではないにせよ・・・これは大きな大きな機会損失です。

調べものは図書館に行くか辞書を引く・・・今はそれをインターネットでおこなう時代です

だからこそ!

ウェブサイトはデザインがダサくても作らなきゃなりません。

「パソコンが苦手?」

確かに。

その言い訳は10年前は通用しました。

ですが、2016年の今は通用しません。専門知識がない人でもJimdo(ジンドゥー)があるしね。

自社の商品(サービス)やサークルなどの広報活動に情熱を注いでいる人にこそ、ウェブサイトは最高の集客ツールになる

ウェブサイトがすべてを賄える訳ではありませんが・・・

わたしのように、インターネット・リサーチが常識世代にとっては効果抜群の集客ツールです。

当たり前過ぎて愕然としましたか?

でも、、、

想像以上に、”ウェブサイトを作ること”はまだまだ”難しい”とか”面倒臭い”とか”あったら嬉しいけどね”と感じている人が多いのかしらと思わずにはいられない出来事なのでした。

火曜日のお昼休み。あなたにシェアしたかった内容はそんなところです。今日も最後まで読んでくれてありがとうございました!

それではひきつづきマーケティングと運動習慣を楽しんで参りましょう!


ウェブ集客について誰もが知っておくべき43の秘密

スポンサーリンク

lp1_480_60

ウェブ集客の一歩の購読はFacebookページが便利です


フォローする

スポンサーリンク